芸能

石原さとみと井川遥 性格が抜群によく仕事しやすいとの評判

 このところ、ドラマにもCMでも引っ張りだこなのが石原さとみ(27)と井川遥(37)だ。彼女たちと仕事した経験のある現場スタッフに人気の秘密を尋ねると、揃って口にすることがある。石原も井川も、いわゆる“業界ウケ”が非常にいいのだ。

 石原に密着取材をしたカメラマンはこう明かす。

「とにかく石原さんは人と話す時の距離が近い。デジカメで写真を撮ると、画面を覗き込んでくる女優は多い。大概は『オッケー』ぐらいでパッと感想をいって終わりなんだけど、石原さんはそこで体がピタリと密着するぐらいに寄ってきて、『本当にいい写真ですね』ってウィスパーボイスで耳元に囁きかけてくる。

 あのウルウルとした目でこちらを見つめながら。そんなことをされたら、何としても彼女の良い写真を撮ってあげたいと思うのが人情でしょう。そういう石原さんの持っている独特の人との距離感が、制作現場のスタッフの心をくすぐるんです」

 しかも、石原は酒好きのビール党。ある番組の打ち上げでは、1時間で生ビール10杯をあおってベロベロに。それでも屈託のない彼女の陽性な性格は変わらず、エキストラの若い女の子をつかまえて、「ここにいる男たちの中で誰とヤリたい?」と迫って困らせたなんて“武勇伝”もある。大手広告代理店の広告プランナーもこういう。

「気鋭の若手女優のUが、CM撮影時に文句を垂れまくり、進行を遅らせたためにホサれた話は業界でも有名。正直、そこそこ演技が上手い美形な女優なんてゴマンといる。私たちスタッフも人間だから、仕事のやりやすい人を選びます。その点、石原や井川は性格がバツグンによく、仕事がしやすいと評判。だから彼女たちの名前は企画会議で必ずあがってくるわけです」

 もちろん、演出家や共演者にも好かれるわけだから、自ずと映画やドラマへの出演機会も増えていく。

「ドラマ『ガラスの家』で井川の相手役を務めた俳優は、井川のことを『仏様かトトロみたいな人』と評していました。とにかく彼女がいる現場は雰囲気がいい。癒し系の雰囲気に、人妻特有の包容力やエロさも交じり、さらにあのスタイル。男性スタッフがメロメロになるのは当然です」(芸能関係者)

 テレビ画面で伝わるのは、彼女たちの魅力のごく一部なのかもしれない。

※週刊ポスト2014年4月4・11日号

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン