芸能

君島十和子 長女を宝塚に合格させた執念の「美メソッド」

「夢見続けていたので、かなって嬉しい。宝塚らしい男役になりたい。(宝塚歌劇団100周年という)記念の年に入れたことがめちゃめちゃ嬉しい」

 明るい未来に目をキラキラと輝かせ、初々しく決意を語ったのは君島十和子(47才)の長女・憂樹さん(ゆうき・16才)だ。

 3月29日、兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校では第102期生の合格発表が行われ、憂樹さんは見事合格、歓喜の涙を流した。彼女は昨年も受験したが残念ながら不合格に。リベンジを誓って挑んだ再受験だっただけに、喜びもひとしおだった。そんな愛娘の努力を間近で見守ってきた母・十和子も一緒に嬉し泣きしていた。

 熱狂的な宝塚ファンの十和子の影響か、小学生になると憂樹さんは「将来、宝塚に入りたい」と口にするようになった。そして、中学生になると“宝塚予備校”と呼ばれる専門のスクールに通い、本格的に宝塚を目指し始める。

「少しでも力になろうと、十和子さんも宝塚公演のパンフレットに自分の会社(『フェリーチェ トワコ』)の広告を入れて宝塚のスポンサーになるなど、なり振り構わず娘さんを支援していました」(君島家の知人)

 迎えた昨年の初受験。だが前述した通り、涙をのむ結果となってしまった。

「十和子さんは“ダメでした…。私のせいで…”と泣きじゃくっていましたね。相当悔しかったみたいで、“来年こそは…”とリベンジを誓っていました」(十和子の知人)

 十和子と憂樹さんは母娘二人、前年以上の覚悟で再び宝塚を目指し始める。

「まず十和子さんは、母親譲りで美しい憂樹ちゃんをさらに美しくしようと、厳しいトレーニングで有名なジムに通わせました」(前出・十和子の知人)

 もちろん食事にも細心の注意を払った。

「宝塚音楽学校の試験は、化粧が禁止されています。そのため、すっぴんの美しさが求められます。そこで十和子さんは、毎朝、抗酸化作用のあるにんじんを中心にした野菜とフルーツのスムージーを飲ませたそうです。しかも、飽きないように、レシピは毎日変えていたんです。

 お弁当も、普通ご飯が入る部分にたっぷりのフルーツを詰め込みました。朝と昼にフルーツを摂ることは、体に酵素を取り入れるのに最適だという理由からでした。夜も炭水化物は少なくして、たんぱく質、野菜中心のメニューで。スープを作るときなどは、“自分と成長期の子供が必要とする成分は違うから”と別々の2種類のスープを用意していたそうです」(前出・君島家の知人)

“美のプロ”である十和子による徹底した食事管理。

「憂樹さんは成長期で育ち盛りですから、その食事管理は相当つらかったみたいですよ。あまりの様子に十和子さんも“私の夢を娘に押しつけてしまってよかったのかしら…”なんて弱音を吐いたこともありました」(前出・十和子の知人)

 さらに冒頭で述べたように、憂樹さんは“男役”に憧れていた。そのため、身長も重要となる。

「十和子さんは行きつけの鍼灸整体院に相談して、身長が伸びるような鍼と整体治療を憂樹さんに受けさせたんです。

 これは身長が伸びるだけじゃなく、姿勢もよくなり、スタイルも今まで以上によく見えるといった効果もありました」(前出・十和子の知人)

 効果は絶大だったようで、憂樹さんの身長は“男役”に適した170cmにまで伸びた。

※女性セブン2014年4月17日号

関連記事

トピックス

永野芽郁がアパレル店から出てきた
永野芽郁の笑顔引き出すイケメンマネジャーの正体は「ももクロ百田夏菜子の弟」だった
NEWSポストセブン
日本食を恋しく思っているという(写真/時事通信フォト)
小室眞子さん、10月20日の美智子さまの米寿に帰国予定なし 月末には圭さん司法試験の合格発表
女性セブン
退社はしないと見られる弘中アナの無双
資産15億円社長と結婚の弘中綾香アナが退社しない理由「もはや局内フリー状態」との指摘
NEWSポストセブン
CSを控えているが、阪神の次期監督・岡田彰布氏が注目を集めている(時事通信フォト)
阪神・岡田彰布新監督にOB江本孟紀氏「矢野よりはるかに面白い野球をやりますよ」
週刊ポスト
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、4人の妻との波乱の人生 倍賞美津子は病床の元夫を見舞った
女性セブン
『CHICAGO』では2時間半もの間、ヒールで踊り続ける
米倉涼子、ミュージカル『CHICAGO』緊急降板 「本当の病状」と「違約金ゼロ」の理由
女性セブン
同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
NEWSポストセブン