芸能

吉高由里子 RADWIMPS・野田洋次郎と復縁、すでに半同棲中

 吉高由里子(25才)とロックバンド・RADWIMPS(ラッドウィンプス)のギター&ボーカル・野田洋次郎(28才)の復縁をキャッチした。ふたりはすでに半同棲中だという。

 5月中旬の平日の夜8時過ぎ、吉高の姿が都内の人気ビストロにあった。この夜、吉高と一緒だったのは親友の森カンナ(25才)と俳優の村井良大(25才)だった。

 吉高に誘われるままに一行はもう一軒ハシゴ。吉高は翌日も朝から撮影があったのだが、なかなか帰ろうとはしなかった。

 森に見送られ、吉高が店を後にしたのは深夜1時過ぎ。そして彼女が向かった先は、自宅とは別の高級マンションだった。彼女はタクシーを降りると、慣れた様子でオートロックの扉を開け、マンション内へと消えていった。

 吉高がマンションに消えてから約4時間後の早朝5時半過ぎ、1台の車が帰ってきた。運転していたのは、野田だった。

 昨年2月、『女性セブン』が3連泊愛を伝えた吉高と野田。しかし、昨年9月、路上で怒鳴り合いの大ゲンカをする姿を『FRIDAY』にキャッチされ、その直後には一部夕刊紙などで破局が報じられた。

「ふたりともマイペースなタイプなので、もともとケンカはしょっちゅうだったんです。昨秋に吉高さんが『朝ドラ』のヒロインに決まってからは、彼女は大きなプレッシャーを感じてイライラすることが多くなって、さらにケンカも増えてしまい、別れてしまったんです」(吉高の知人)

 しかし、吉高と野田は、実は復縁していたのだ。しかも、吉高は合鍵を使って彼の部屋に入り、仕事で遅くなる彼の帰りを健気に待っていたのだった。

 吉高が彼のマンションから仕事へ向かったのは、それからわずか3時間後の翌朝9時過ぎ。赤のコートドレスに厚底のアンクルブーツを合わせ、手にはヴィヴィアン・ウエストウッドのトートバッグを持っていて、昨夜の全身黒のラフなコーデとはまったく違うスタイルだった。

「『花子とアン』が絶好調で、吉高さんもプレッシャーが軽減されて、心にゆとりが出てきたんです。4月中旬くらいにヨリを戻したみたいで、今吉高さんは、わずかな時間でも野田さんと一緒にいられるようにと、夜はほとんど彼のマンションに帰って、朝、そこから出勤するという半同棲状態になっているんです。彼女は、大事な仕事をしているからといって、恋をあきらめることもない、真っ直な性(さが)の持ち主ですからね」(前出・吉高の知人)

※女性セブン2014年6月12日号

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン