芸能

「テラハは全部自分が書いてる」と放送作家告白したとの証言

 フジテレビの人気番組『テラスハウス』は毎回、番組は「台本は一切ございません」のナレーションからスタートする。しかし最近、この番組にやらせ疑惑が浮上した。

『週刊文春』(6月5日号)では、番組プロデューサーによる出演者へのセクハラやパワハラが横行し、「こんなセリフを言え」「このメンバーと恋愛関係になれ」などと指示されていたと報じられた。

 フジの亀山千広社長は「演出があってはいけない。そういう意味でテラスハウスはないと断言できる」と疑惑を否定したが、実際に番組出演を打診された23歳の女性タレントはこう打ち明ける。

「週に3日ほどテラハにいればいいといわれて驚きました。本当に住んでいるわけじゃないんだなって。それに恋愛に関してスタッフからアドバイスがあるけどそれは言うことを聞くようにって。嘘をつけない私には絶対向かないな~と思って断わりました」

 そんななか、ある放送作家は「『テラハ』にはストーリーを作る人がいると聞いた」と明かす。

「旅や恋愛のドキュメンタリーバラエティーを中心に活躍する放送作家のAさんです。実は、ある番組の会議でAさんと一緒だったんですが、“テラハは全部私が書いている”と言い出した。自慢気でつい言ってしまったようでした。会議は一瞬凍りましたね。Aさんは過去、有名恋愛ドキュメンタリー番組のストーリーも作っていたといわれています」

 そのA氏を直撃した。

──あなたが『テラスハウス』のストーリーを執筆していると聞いたが。

A氏:え……。私はあちらの内容にはまったく関わっていません。

──「内容には」、とは?

A氏:えーと……、人集めはしています。オーディションなどはしていますが、脚本のようなことにはまったく関与していません。

──「私が書いている」という発言を聞いた人物がいる。

A氏:(怒った口調で)それ、どなたが言ってるんですか? 私そんなこと言ったことまったくないんですよね。ど、ど、どちらから、それ聞いてるんですか? 逆に聞きたいくらいなんですけど。

 その後折り返すといったまま、連絡はなかった。

 フジテレビ広報は「台本はございません。放送作家がストーリーを作成している事実も一切ございません」と回答した。

※週刊ポスト2014年6月27日号

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン