• TOP
  • 国際情報
  • 【キャラビズム】優先席の大人は子どもにとって最悪の見本!

国際情報

2014.07.05 16:00  NEWSポストセブン

【キャラビズム】優先席の大人は子どもにとって最悪の見本!

 アンドレ・キャラビ(Andre Calabuig)氏は、1927年フランス生まれの87歳。同国ペンクラブの会員だ。日本では『目からウロコのヨーロッパ』や『知らないと恥かく世界のマナー』(電子書籍)などの著書がある。日本在住40年以上の親日家だが、どうも最近、このニッポンで目に余る出来事が多い。マナー、お金、日本語、女性、子供……。そのキャラビ氏が、いまの日本人に向けて、箴言集で発する痛烈な「キャラビズム=Calabuisme」。さて、あなたはどう受け止めるか?

 * * *
●Pénible de voir l es adultes avec leur portable sur les sièges réservés ! Le plus mauvais exemple pour les enfants!(on voudrait intervenir mais on a peur……)
優先席で携帯、醜い大人がいっぱい! 子どもにとって最悪の見本!(注意したいけど、怖い……)

●Avec l’âge,les gens ont tendance à penser que leur génération était la meilleure!
年を取ると、自分の時代はよかったと誰もが思う!

●Les hommes veulent être Dieu,mais la nature ne le leur permet pas!
人間は神様になりたいが、自然はこれを許さない!

関連記事

トピックス