芸能

中井貴一 海外の仕事で「俺たち下劣な民族じゃないよ」と思う

 俳優の中井貴一(53才)が浅田次郎原作の『壬生義士伝』以来、久しぶりに正統派時代劇に挑んで話題を呼んでいる。それが、映画『柘榴坂の仇討』(9月20日公開)だ。小泉今日子(48才)とW主演した『続・最後から二番目の恋』(フジテレビ系)を筆頭に華々しい外見の作品が多いなか、今、なぜこの作品を選んだのだろうか?

 * * *
 時代劇というのは、裏で支えている人が山のようにいるんです。大企業の陰にそれを支える数え切れないほどの中小の企業があるのと同じです。衣装、結髪、小道具、大道具…。もしも時代劇の撮影が1年なかったら、これら独特の技術を要求される裏方の職人さんの手が鈍ってしまう。

 それに、今は京都のどこの神社仏閣でも、快くロケをさせていただいていますが、それは撮影所との信頼関係が築かれているからこそなんです。そんなこともブランクができると、不可能になってしまう。小さな炎でもいいから、時代劇の火を燃やし続けていくのが、ぼくらの使命だと思っているんです。

 その上で、淡々とした暮らしの中にある日本人の心の機微というのかな、矜持というのかな、そういうものをきっちり伝える映画を作りたいと思ったんです。

《『柘榴坂の仇討』は、まさにそんな映画であり、時代に翻弄される武士と、時代は変わっても変わらずに黙々と生きる市井の人々の暮らしが丁寧に描かれる。》

 作品に対するぼくのポリシーは、大きなうそはついても、小さなうそはつかない、ということに尽きますね。

 歴史というのは、次の世代の者が塗り替えていくものだと思うんですね。たとえば、豊臣から徳川の時代に変わったときには、徳川から見て都合のいい歴史観に、変えられているはずなんです。

 だから、史実としてはどこが正しくてどこが正しくないのか、そのあたりのうそはかまわないと思うんです。

 だけど、人々がどんな気持ちで他人に接し、どんなお辞儀をしているか、どんなたたずまいで暮らしてきたか、それって今も昔も基本的には変わらないと思うんですね。だから、そういううそは、ささやかなことでも許したくない。

《中国映画への出演など、海外での仕事を通して、日本に対する見方や思いも変わったと彼は言う。》

 海外に出るたびに思うことは、もっと日本の歴史を勉強しておけばよかった、ということなんです。

 中国でもどこでも向こうの人が、外国人のぼくに聞きたがることは、日本の歴史なんです。それはぼくらが教科書で習った、何年に鎌倉幕府ができて、何年が明治維新でといった、そんなことではなくて、時代の変わり目や大きな出来事があったとき、人々が何を考えていたのかということ。そのたびに、ぼくはもっとロマンをもって歴史を見る視点が必要だと感じていて。時代劇に出るのは、そんな歴史を知るためでもあるんです。

 それから、海外で思うのは、日本って恵まれた国だということ。そして日本人って、いつの時代でも、品格を持って常に先を見て生きてきた民族じゃなかったのかな、ということです。そうだよね、おれたちって下劣な民族じゃないよ、そういう日本人の心を思い出そうぜ、って今、思いますね。

※女性セブン2014年7月10日号

関連記事

トピックス

眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン
岸田文雄・首相がもくろむ「6月解散、7月総選挙」のシナリオとは(時事通信フォト)
岸田首相が突き進む、本気の「6月解散、7月総選挙」戦略 定額減税、夏のボーナス増額、株価高値更新で“布石”が揃う
週刊ポスト
TARAKO
【さくらももこさんとTARAKOさん】『ちびまる子ちゃん』の“生みの親”と“育ての親” 家族構成も生い立ちもそっくり、まる子が繋いだ不思議な縁
女性セブン
貴乃花、若乃花、曙
《誰も相撲界に残らず》曙太郎さん死去 「若貴」との“同期3横綱”が全員、角界を去らなければならなかった本当の理由
NEWSポストセブン
銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
女性セブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
司忍・六代目山口組組長(
時事通信フォト)
【山口組と能登半島地震】「48時間以内に現地入り」「300人前の豚汁、うどんの炊き出し」テレビ・新聞では報じられない「ヤクザとボランティア」
NEWSポストセブン