ビジネス

シネマコンプレックス 月額2000円見放題プランを大前氏提案

 音楽を聴き放題のストリーミング(逐次再生)音楽配信サービス、電子書籍、携帯電話のかけ放題など、定額制の○○放題を展開するビジネスが急成長している。これら「放題ビジネス」の隆盛による企業マーケティングの構造変化の方向性と、新たな可能性について大前研一氏が解説する。

 * * *
「放題ビジネス」のポイントは、実際には「○○放題」にはなっていない、ということである。つまり「好きなだけ/ご自由に」と言われても、だんだん量が減ってくるのだ。たとえば「聴き放題」も、最初のうちは嬉々として聴いているが、いつでも聴けるとなると、不思議なことにそのうちあまり聴かなくなるのである。

 私の友人が地方のホテルを立て直した際も、バイキング形式の「食べ放題」に酒の「飲み放題」を付け、さらに「エステ放題」と謳ったら、ネット予約で新規客が殺到した。ところが、その友人に言わせると、たとえば1500円で飲み放題にしても、あまり酒が飲めない人もいるから、平均すると1500円までいかない。食事は高級食材を限定することでコストを抑えられるし、エステは先着順で埋まるから施術者の人数分以上のコストはかからない。

 ○○放題は、集客効果が高い割にコストが比例して上がらないわけだ。

 この「放題ビジネス」は、研究すればするほど様々なアイデアが出てくる。経営学的には「固定費に対する限界利益の貢献を最大化する」というアプローチで、これは非常に重要なイノベーションの戦略的手法の一つである。

 実は「放題ビジネス」で、制約条件があるのは企業(提供者)側ではなく利用者側だ。音楽を聴く時間や映画を見る時間や本を読む時間は無限ではない。制限時間内で食べられる料理や飲める酒の量も限られている。永遠に電話し続ける人もいない。それを逆手にとって「安い」と思わせるのが放題ビジネスの要諦である。

 また、企業の固定費で一番高いのは人件費だ。それを最大限に活用するためには、どうすればよいのか。従業員が働いている間の操業度を上げるしかない。その方法の一つが放題ビジネスであり、それが成り立つのは固定費の比率が高い事業である。

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン