スポーツ

箱根駅伝に創価大が初出場 沿道の応援で注目のポイントとは

 第91回目となる箱根駅伝が1月2日と3日の2日間、行なわれる。東洋、駒澤、早稲田、青山学院など、有力校による優勝争いも興味深いが、優勝争いとはちょっと違うところで注目を集めるのが初出場の創価大だ。

 創価大は公称827万世帯の信者数を誇る創価学会の池田大作・名誉会長が創立者。機関紙『聖教新聞』がエントリーメンバーを1面で報じるなど、会をあげて盛り上がりを見せている。創価大OBが語る。

「予選会突破が決まった直後に学会側から『おめでたいことだから一口5000円で寄付をしてください』との通知が来ました。以前は運動部のスポーツ推薦の学生は学会員ではないことが多かったが、最近は学会員も増えたと聞く」

 往路のレースが行なわれる1月2日は池田名誉会長の87回目の誕生日ということもあり、「大学としてラジオ中継に創価大CMを打つなどして景気づけするのでは」(同前)とみられている。

 予選会では主将の山口修平(3年)を中心に集団で固まって走って全員のタイムを底上げした。予選会10位でギリギリ出場が決まると瀬上雄然・監督が胴上げで宙に舞い、その横で「三色旗」が振られた。

 赤・黄・青のカラーは学会の三色旗と同じだが、創価大の旗は真ん中にペンをモチーフにしたマークがあしらわれるという微妙な違いがある(ちなみに駅伝のユニフォームは赤青の縦縞に、首回りが黄色いライン)。沿道に三色ののぼりが立つのか。創価大の広報に質問すると、「大学のブランディングカラーである青ののぼりを準備している」とのことだった。

※週刊ポスト2015年1月1・9日号

関連記事

トピックス

ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
現在9勝と苦戦している巨人のエース・菅野智之
巨人OB・広岡達朗氏が苦言「10勝もできない菅野のどこがエースだ」
NEWSポストセブン
夫婦役で初共演の香取慎吾と岸井ゆきの。(c)2022“犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS
「香取慎吾さんは台本を覚えてこない」それが“いちばんいい役者”
NEWSポストセブン
ギャル曽根
ギャル曽根、“キレイな大食い”で好感度ぐんぐん上昇!バナナマン、有吉の冠番組でも“もう1人の顔”に 
NEWSポストセブン
引退会見を行った西武・内海哲也(9月19日。時事通信フォト)
引退の内海哲也、コーチ就任は西武か巨人か 去就を左右する恩師・堀内恒夫氏の言葉
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
44枚の入札説明書
【入手】安倍氏国葬の入札に出来レース疑惑 受注した日テレ系1社しか応募できない「条件」だった 44枚の入札説明書で判明
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
須藤弥勒と「横峯パパ」の秘密特訓に密着
天才ゴルフ少女・須藤弥勒のコーチに横峯良郎氏が就任 注目コンビの秘密特訓に密着
週刊ポスト
山井氏の写真証(本人のインスタグラムより)
不倫・妊娠で辞任の34才女性社長 先代・父の評は「やっちゃう子」、歴代彼氏も全員親に紹介
NEWSポストセブン
閉店した江戸政
「生つくね」が看板の名店『江戸政』が98年の歴史に幕、生肉提供へのSNS批判に店主が発した「声明文」
NEWSポストセブン