• TOP
  • 芸能
  • レツゴー三匹の故・じゅんさん 自宅の暖簾に今でも匂いあり

芸能

2014.12.30 16:00  女性セブン

レツゴー三匹の故・じゅんさん 自宅の暖簾に今でも匂いあり

「レツゴー三匹」の「じゅん」こと俳優でコメディアンの逢坂じゅんさん(享年68) が亡くなったのは、2014年5月8日のこと。死因は脳出血だった。

 逢坂じゅんさんが倒れたのは、自宅で外出の準備をしていたときだった。翌月から舞台の稽古が入っていたので、この日はマッサージに出かけようと、準備をしていた。

「救急車呼ぶか?」

と聞く姉の渡邊紀代子さんに、最初は

「寝たらなおるやろ」

 と答えたが、しばらくすると

「俺、顔おかしないか?」

 じゅんさんの顔面は、ぴりぴりと痙攣していた。

 結局、救急車を呼ぶとすぐに意識不明になり、そのまま3日後に亡くなった。脳出血だった。

 漫才トリオ『レツゴー三匹』のじゅんとして活躍。「アメリカでは~」「じゅんでーす」と愛嬌たっぷりにボケた。最近は話題作に次々出演、遅咲きながら俳優として注目されていた。そんな矢先の急死――。

 5年前、じゅんさんが離婚してから生活を共にしていた紀代子さんは、自宅のリビングの一角にかかる暖簾を見やって話す。

「あの人は横着やから、おでこで暖簾をどけるんですよ。『せんといて』て言うてるのに。ここね、丸く脂が染みついているでしょ。まだ脂のにおいもする。お客さんが来るとね『じゅんさんのにおいやねぇ』…って」

※女性セブン2015年1月8・15日号

関連記事

トピックス