芸能

逸見太郎 自宅で行った母の葬儀の詳細述懐、ケセラセラ流す

 人気パーソナリティーだった逸見政孝氏。突然のがん告白と、享年48というあまりにも早い急逝。残された妻・晴恵さん(享年61)は12億円とも言われた新居の総工費の借金を返す目的もあり、エッセイストとして原稿を書き、年間100本以上の講演をこなす忙しい日々を送っていた。息子の逸見太郎(42才)が、そんな母との最期の別れの時を語る。

 * * *
 父が逝った翌年、母ががんを患った(編集部注・初期の子宮頸がんに加え、血液細胞のがんのひとつである骨髄異形成症候群という難病も発症していた)と知ったのは、ぼくがアメリカの大学を卒業し帰国してからでした。高校から留学させてもらい家を空けていたし、母を大事にしたい思いもあって、一緒にいる時間を作るように心がけました。

 10月21日です。生放送の収録に向かう途中、病院から自宅にかかってきた電話はあまりにも突然でした。

「すぐ、来てください」
「すぐは無理です。どうしたんですか」
「お母さまが危ないんです」
「えっ、危ないって?」

 それは危篤を告げるもので、あわただしく応急処置をしている様子が、電話から伝わってきました。

 でもぼくは生放送が控えていた。とにかくスタジオに向かわなければならない。自宅を出ると東急大井町線に乗り、二子玉川駅で乗り換えの電車を待っているときでした。母親に付き添っていた妹の泣き崩れる声が、携帯電話から伝わってきて。

「放送が終わったら連絡する」

 ぼくは妹にそう伝え、携帯電話を切りました。暗くなってはいけない。不幸があったことを周りに気づかれないようにしなければと、自分に言い聞かせて、その日の本番をこなしました。本番終了後の連絡で、すでに病院を出て自宅に向かっていると告げられ、母の亡骸とは家で対面しました。

 悔しそうな死に顔だった。借金返済のめども立って、これからは悠々自適に人生を楽しむ夢を持っていました。病気だって治ると思っていたに違いありません。

「家からおくりたい」

 逸見政孝ではないのだから、マスコミにも知らせずに、ごく内輪で式を執り行いたい。今どき珍しい、家でのお葬式でしたが、ぼくの思いをみんなが酌んでくれました。近所には親戚もいましたし、ぼくの所属する事務所の社長も親身になってくれて、地元の葬儀屋さんへの連絡や、家から歩いて10分ほどの菩提寺への導師の手配等、お葬式の準備を手際よく整えてくれました。

 1階の8畳の和室に祭壇を設けて、スライド式のドアを外し、弔問客は中庭を通り、外から焼香ができるようにしました。

 黒い服が好きな母でしたから、旅立ちの衣装は黒を基調にしたコムデギャルソンを着せて、いつも髪を切ってもらっていた美容師さんに死に化粧を施してもらいました。祭壇は母好みの花を飾ろうと、華やかな赤いカサブランカにしました。

 100人ほどの弔問のお客さんは、近所に住む母の幼馴染や、学生時代の友人がほとんどでした。父のときとはまた違う温かさがありましたね。

 出棺の時は母らしいおくり方をしたい。焼香をしている時に、ふと母の好きな音楽をかけようと思ったんです。

「ドリス・デイの『ケセラセラ』を借りてきてくれないか」

 弔問に来た友人に頼みました。『ケセラセラ』は母が大好きだった曲だったんです。翌日、告別式の読経と焼香とぼくの弔辞が済み、出棺のとき、カセットレコーダーのスイッチをONにしました。『ケセラセラ』の軽快でどこか物悲しい曲が、母の棺の乗せた車を包んでいきました。

「ケセラセラ」=「なるようになるさ」

 母はこの言葉が好きでした。彼女の人生はなるようになったのだろうけど、もうちょっとこの世の中で夫婦ふたり、ゆっくりしてほしかった。

聞き手・文/根岸康雄

※女性セブン2015年1月29日号

関連記事

トピックス

逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
ピエール瀧と伊勢谷友介
伊勢谷友介とピエール瀧が同日に“事件後初の舞台挨拶”登場 薬物事件からの復帰に待ち受ける「茨の道」
NEWSポストセブン
『ブギウギ』で田中麗奈が演じる“ラクチョウのおミネ”に注目(Imaginechina/時事)
朝ドラ『ブギウギ』で田中麗奈が熱演する「ラクチョウのおミネ」 モデルは“ラクチョウのお米”で100人以上の女性のまとめ役だった
週刊ポスト
石丸伸二市長
【恥を知れ、恥を!】安芸高田市長、議会での古参議員との激しい対立を公開して話題 結果的に財政を潤わせる見事な手腕
女性セブン
広末涼子と鳥羽周作氏
広末涼子、個人事務所設立で期待高まる俳優復帰 懸念材料は交際中・鳥羽周作氏の「炎上体質」か
NEWSポストセブン
阿部慎之助・新監督は菅野智之をどう起用するか
【巨人に暗雲】大勢の離脱で“ストッパー菅野智之”に現実味 阿部監督は腹を決めて抜擢できるか
週刊ポスト
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】近づくSMAP再始動、木村拓哉「準備OK」で中居正広も決断か 意外なキーマンは二宮和也
女性セブン
火鍋をしていた綾瀬はるか
【火鍋パーティーをキャッチ】綾瀬はるか、高級中華料理店で“塩”へのこだわりを力説 「ここは私に任せて」と会計を全額支払う
女性セブン