• TOP
  • 芸能
  • レポーター梨元勝氏 最後の言葉は「そっとね、ゆっくりね」

芸能

2015.02.01 16:00  女性セブン

レポーター梨元勝氏 最後の言葉は「そっとね、ゆっくりね」

 芸能レポーターの草分け的な存在で知られた梨元勝さん。芸能人の赤裸々な情報を伝えつつも、人間味溢れる優しい人柄から周囲から愛される存在だった。2010年65才で肺がんで亡くなるまで、家族とはどう過ごしたのか。娘の梨本麻里奈さん(34才)が父の最期の時を語る。

 * * *
「海に行きたいな」

 夏になると、父はそう話していました。実は、友人と共同名義でクルーザーを所有するほど海が好きでした。

「早く治って海に行って船に乗ろうね」

 そんな話をしている間にも、8月初旬に行った2回目の抗がん剤の影響で、体力がガクッと落ちてしまった。

 8月20日のことでした。

「原稿の仕事を全部やめたいから、事務所の人に連絡してほしいんだ」

 最後までベッドの上で書いていた新聞の仕事でした。

「えっ、やめちゃうの!?」

「いいんだ、もう書けないんだよ」

 寂しい沈黙のあと、「麻里奈、お水が飲みたい」、私は水差しを口元に持ってお水を飲ませてあげました。そのとき、ふと私の顔を見つめる父の視線を感じました。水を飲むと父は、背中をさすってほしいと言うのです。

「麻里奈に背中をさすってもらって幸せだなぁ。ありがとう、ありがとう」

 父の私を見つめる視線も、私へのありがとうの言葉も、共に生きた30年間の思いがこもっていたのでしょうか。

「また明日来るからね」

 そう言い、握手をした手に力強さはありませんでしたが、それが最期の別れになってしまうとは…。

「結婚した当初から苦労をかけたね。みんなでいろいろ旅行に行ったよね。麻里奈とスキーにも行った。ハワイを旅行したときは楽しかったよ」

 その夜、父と母はいろんなことを話したそうです。

「怖いんだ…」

「大丈夫よ、ずっとそばにいるからね」

「ありがとう、ありがとうね」

 その後、トイレをすませ2人の看護師さんに、ベッドに上げてもらうとき、

「そっとね、ゆっくりね」

 それが、最後の言葉だったそうです。

※女性セブン2015年2月12日号

関連記事

トピックス