梨本麻里奈一覧

【梨本麻里奈】に関するニュースを集めたページです。

レポーター梨元勝氏 最後の言葉は「そっとね、ゆっくりね」
レポーター梨元勝氏 最後の言葉は「そっとね、ゆっくりね」
 芸能レポーターの草分け的な存在で知られた梨元勝さん。芸能人の赤裸々な情報を伝えつつも、人間味溢れる優しい人柄から周囲から愛される存在だった。2010年65才で肺がんで亡くなるまで、家族とはどう過ごしたのか。娘の梨本麻里奈さん(34才)が父の最期の時を語る。 * * *「海に行きたいな」 夏になると、父はそう話していました。実は、友人と共同名義でクルーザーを所有するほど海が好きでした。「早く治って海に行って船に乗ろうね」 そんな話をしている間にも、8月初旬に行った2回目の抗がん剤の影響で、体力がガクッと落ちてしまった。 8月20日のことでした。「原稿の仕事を全部やめたいから、事務所の人に連絡してほしいんだ」 最後までベッドの上で書いていた新聞の仕事でした。「えっ、やめちゃうの!?」「いいんだ、もう書けないんだよ」 寂しい沈黙のあと、「麻里奈、お水が飲みたい」、私は水差しを口元に持ってお水を飲ませてあげました。そのとき、ふと私の顔を見つめる父の視線を感じました。水を飲むと父は、背中をさすってほしいと言うのです。「麻里奈に背中をさすってもらって幸せだなぁ。ありがとう、ありがとう」 父の私を見つめる視線も、私へのありがとうの言葉も、共に生きた30年間の思いがこもっていたのでしょうか。「また明日来るからね」 そう言い、握手をした手に力強さはありませんでしたが、それが最期の別れになってしまうとは…。「結婚した当初から苦労をかけたね。みんなでいろいろ旅行に行ったよね。麻里奈とスキーにも行った。ハワイを旅行したときは楽しかったよ」 その夜、父と母はいろんなことを話したそうです。「怖いんだ…」「大丈夫よ、ずっとそばにいるからね」「ありがとう、ありがとうね」 その後、トイレをすませ2人の看護師さんに、ベッドに上げてもらうとき、「そっとね、ゆっくりね」 それが、最後の言葉だったそうです。 ※女性セブン2015年2月12日号
2015.02.01 16:00
女性セブン

トピックス

紺色のお召し物だった紀子さま
紀子さま、悠仁さまに「悪夢の再来」 宮内庁17cm包丁送付事件、同封便箋には皇族批判
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の告発に有名歌舞伎役者たちが大慌て 関係が露見すれば廃業は必至か
女性セブン
逮捕された「RYO&YUU」
「バレないように森の中で」公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」が語っていた野外動画撮影の“対策” 実際には公園、海岸でも裸に
NEWSポストセブン
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
NEWSポストセブン
ゴルフをする女性芸能人が増えている(左は小島、右は鷲見。ともに本人のインスタより)
タイトなウェア姿を投稿しまくりの小島瑠璃子と鷲見玲奈「ゴルフ女子」枠巡る熾烈な戦い
NEWSポストセブン
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
「定年までTBSに」先輩・吉川美代子アナが期待する安住紳一郎アナのこれから
週刊ポスト
結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
逮捕された「RYO&YUU」
公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」、性的動画アップは「親公認」だった 22歳の女は愛知・香嵐渓で全裸に
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン