芸能

福山雅治や妻夫木聡らが実践する「タモリ式入浴法」の効果

《タモリさんから教えてもらって実践してるのが、ボディーソープを使わない美容法。肌がモチモチに変わったよ》

 美容マニアとしても知られるローラ(24才)が美のヒケツとして雑誌で語ったのが、“タモリ式入浴法”だ。

 芸能界きっての美肌といわれるタモリ(69才)は、お風呂では石けんもボディーソープも使わず「湯船に10分つかれば、体の汚れの80%は落ちる」と語っている。この入浴法を、ローラをはじめ、福山雅治(45才)、妻夫木聡(34才)といった美肌の面々が実践しているというのだ。

 中でも福山は、自身のラジオ番組で「なんでそんなに肌がきれいなんですか!?」と聞くももいろクローバーZに「基本、洗わない。流すだけ」とタモリ式入浴法を熱く語っている。

「もともと乾燥肌だったけど、それは表面が乾燥しているだけで、人間の体って内側は潤っているらしい。だから、脂が出てくるからといって拭いてはダメ。脂が保湿してくれてるの」というのが、福山の展開した女性顔負けの美肌論だ。

 美容ライターの前田美保さんも、“洗わない人”は増えている、と言う。

「ヨーロッパなどに比べて水が肌にやさしい上、清潔好きの日本では“洗う”ことが好まれます。その結果、肌に必要な皮脂まで失われ、乾燥や敏感肌に悩む人も多いのです。

 最近は失われた皮脂をボディーミルクやクリームで補うより、初めから落とさず“自分の皮脂で勝負しよう”という流れになってきました。オイルブームでもわかるように、肌には脂が必要という認識が広がったことも無洗入浴の流れにつながっていると思います。肌の水分量は年をとっても若い頃とほとんど変わりませんが、皮脂は大幅に減少するんです」

 レポーターの菊田あや子(55才)も、最近洗わない入浴を続けている。真っ白な肌はモチモチと弾力があり、まさに“赤ちゃん肌”だ。

「ずっと肌は丈夫だったのに、50代になって急に乾燥するようになったんです。まわりの女優さんやモデルさんがよく“肌のためには石けんで洗いすぎない方がよい”と話しているのを聞いて、洗わない入浴を始めたら、調子がよくなりました。

 もともとお風呂は大好きで、ゆっくり湯船につかっていると体中の老廃物が出ていくような気がします」(菊田)

※女性セブン 2015年2月19日号

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン