芸能

社長夫人・井川遥 夫の事業に不安を感じて超積極的に働く

モーレツな仕事ぶりと噂の井川遥

「裕福な夫がいて、仕事は趣味。やっぱり家庭がいちばん」──そんな憧れのセレブ妻たちが人気モデルとなっているファッション誌『VERY』(光文社)。井川遥(38才)が表紙を飾るようになって今年で9年目に突入する。もちろん井川は、“ザッツVERY妻”。2006年、『パイオニア』創業者の孫にあたるファッションデザイナーの松本与氏(52才)と結婚。2009年に長女、2012年に長男を出産した。

 しかしそんな井川が、近頃豹変しているともっぱらの評判だ。それはモーレツな仕事ぶりに尽きる。CMは6社と契約中、ドラマも『流星ワゴン』(TBS系)とNHKの大河ドラマ『花燃ゆ』を掛け持ちしている。それだけじゃない。あるテレビ局関係者が囁く。

「井川さんの『流星ワゴン』番宣出演はすごい本数になります。実は彼女、これまでは番宣のためにバラエティー番組に出演することはあまりなかったんですよ。緊張するタイプで、口下手だし、イメージがありますからね。局側からお願いしてやっとOKもらえるという状況だったんです。なのに今回はかなり積極的。突然“仕事しますモード”になっていて、みんな、“何があったの?”って動揺しているんですよ」

 実は女性セブンは、昨年秋、井川が知人に深刻な表情で「将来が不安。もっともっと仕事をしなくっちゃ…」と話しているのを聞いていた。

「このご時世、黒字経営の会社のほうが珍しいくらいだと思いますけど、井川さんのご主人も、お仕事が大変みたいですよ」(井川の知人)

 井川の夫は、アパレル業界の最前線で仕事をしている。

「1993年に自分のブランドを立ち上げ、同時に東京・南青山にショップを開店。翌1994年から東京コレクションに参加し、2000年からは本格的な海外展開を始めました。彼のデザインする服は、シンプルなんですが、着るととてもきれいな形をしていて人気があるんです」(アパレル関係者)

 ここ数年でアパレル業界全体としての業績は伸びているものの、『ユニクロ』『しまむら』などを中心に店舗数が増えているのが現状だ。また『ZARA』『H&M』など、海外のファストファッションブランドが売り場面積を拡大している。大量生産が主流となっている市場で、特定のデザイナーによる国内ブランドは、買収されたり、売り場面積の縮小が余儀なくされている。

「今は値段が安くても、素材もそれなりによくて、シルエットが綺麗なものも多くなりましたから、デザイナーたちにとっては厳しい時代なんですよね…」(前出・アパレル関係者)

 一般的に子供が成人するまでにかかる費用は1人2000万円といわれている。もちろん幼稚園から私立に通わせるとなれば、それ以上の金額がかかることになる。

「井川さんの子育ては始まったばかりで、それこそあと18年も続く。自宅のローンはまだ1億円以上残っているそうですし、ご主人の仕事が大変な今、井川さんが“私が家族を支えなきゃ!”となったんでしょう。いつも子供第一で仕事を選んできたのに、あんなに変わっちゃうなんてビックリですよね。でも、ああ見えて彼女は男前なんですよね」(前出・井川の知人)

※女性セブン2015年3月5日号

関連記事

トピックス

綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン