• TOP
  • ライフ
  • 48才主婦 30代の隣人旦那を家に連れ込みひざ枕でドキドキ

ライフ

2015.02.24 16:00  女性セブン

48才主婦 30代の隣人旦那を家に連れ込みひざ枕でドキドキ

 結婚して何年も経つと恋愛感情も忘れてしまいがちだが、女性はいくつになってもときめいていたいもの。神奈川県に住む主務のSさん(48才)は、お隣の旦那様にドキドキしているという。

 * * *
 昨年、お隣に30代の若いご夫婦が引っ越してきました。初めてのあいさつの時、奥さんに気に入られたようで、時々、自宅に招かれるようになりました。お宅には、マイセンなどの高級な食器がセンスよく飾られていて、なんだかペットの犬まであかぬけた感じ。所帯じみたウチとは大違いです。

 ある時、お隣の旦那さんが玄関前で立ち往生していました。鍵を忘れて、奥さんも外出中で連絡がつかないとのこと。奥さんが帰宅するまで、わが家に上がってもらうことに。

 旦那さんはパリッとスーツを着こなす証券マン。近づきにくい印象で、初めは緊張したのですが、話すと気さくな人でした。しかも、簡単な軽食を作ってあげたら、無邪気に喜び、奥さんはあまり料理を作ってくれないと打ち明けてくれました。

 それから旦那さんと親しくなり、夫が帰らない日には、うちに来るように。一緒に食事をして、時々ひざ枕をしてあげるくらいなのですが、クールな印象の彼の甘えた姿にギャップ萌え。

 しかも、「あなたのような妻が欲しかった」とひざをなでられると、関係を深めてしまいたい誘惑にかられてしまいます。

※女性セブン2015年3月5日号

関連記事

トピックス