芸能

故・坂東三津五郎さん 共演後培った木村拓哉との深い深い絆

映画共演を機に木村拓哉とも親交があった三津五郎さん

 温かい人柄で誰からも愛された、彼の生涯を象徴するような葬儀だった。2月25日、青山葬儀所で営まれた坂東三津五郎さん(享年59)の告別式には、各界の著名人や一般ファンら5000人の参列者が集い、焼香の列は500mにも及んだ。

 4時間にわたる葬儀、すすり泣く声が途切れることはなかった。そんな中で、ひときわ沈痛な面持ちで参列していたのが、木村拓哉(42才)だった。

 三津五郎さんと木村は、2006年に映画『武士の一分』で共演して以降、出演作品が重なることはなかったが、その一度の共演が木村に大きな感銘を与え、以後、ふたりは深い絆で結ばれていた。歌舞伎関係者がこう語る。

「『武士の一分』のメーンキャストは、三津五郎さんや檀れいさん(43才)、笹野高史さん(66才)など、時代劇の経験が豊富なかたがたでしたが、主役の木村さんだけが時代劇の経験が浅く、着物での所作や口調など、“江戸の香り”をかもし出すのに苦労をしていました。

 そんな木村さんに、現場で真っ先に手を差し伸べたのが、三津五郎さんだったんです。着物姿での歩き方など、江戸時代の人物を演じる上でのイロハを、木村さんに丁寧に教えてあげたそうです」

 三津五郎さんが声をかけてくれたことに、誰よりも驚いたのは木村本人だったという。

「劇中での三津五郎さんは、木村さんの妻役の檀さんと不義密通し、最後は宿敵として対決するという、いわば“敵役”ですからね。俳優さんによっては、演技に影響が出るからと、休憩中も敵役とはしゃべらないようにするかたも多いのに、三津五郎さんはそれを差し置いても、自分が伝えられることは伝えようという姿勢で木村さんに接したんです。彼の懐の深さに木村さんは感銘を受け、親交が深まったそうです」(前出・歌舞伎関係者)

 日本一のスターと歌舞伎界の名優という多忙極まるふたりの立場上、気軽に飲みに行けるような間柄ではなかったようだが、映画の撮影が終わった後も、ふたりの絆は一層強く結ばれていった。

「毎年正月には、年賀状をやりとりしていたんです。三津五郎さんは近況報告だけでなく、時には演技論について綴ることもあり、木村さんへのアドバイスを惜しまなかったそうです」(前出・歌舞伎関係者)

※女性セブン2015年3月19日号

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト