芸能

ひとりトーク上手は笑福亭鶴瓶で合コンウケ有名人は高田純次

 テレビをつければ、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)、『しゃべくり007』(日本テレビ系)、『踊る! さんま御殿!!』(同)など、トークバラエティー番組だらけ。かつて主流だったコント中心の番組と違い、多数の芸人が出演する番組では、自身のトークがオンエアされるかどうか、熾烈な競争が繰り広げられている。

 今回ジャッジしてもらったお笑いの目利きのうち2人がトップに選んだのが、「お笑い怪獣」こと明石家さんまだ。放送作家の高橋秀樹さんはバラエティー制作者の観点からさんまを絶賛する。

「本当に面白い芸人はひとりでフリからオチまで起承転結のある話ができる。さんまさんは『このコーヒーうまいわけないやろ。そんなはずがない』とフリを入れてから一口すすり、『ホンマや~』とおどける“フッてオトす”ワザはベタですが必ずウケる。これは、さんまさんの“必殺技”です」

 プロインタビュアーの吉田豪さんは、さんまの「アドリブ能力」を高く評価する。

「ぼくが『さんまのまんま』(フジテレビ系)にゲスト出演していろいろ話を振っても、さんまさんは『ハー!』と得意の引き笑いをしてから、急に真顔になって『…ところで独身ですか?』と巧みに話題を変える。相手にどんな話題を振られても臨機応変に対応して話の主導権を渡さないアドリブ能力は見事です」

 まさに「怪獣の一人勝ち」状態だ。

「ひとりトークの上手さ」に着目したお笑い評論家のラリー遠田さんが1位に選んだのは笑福亭鶴瓶。

「台本ナシの即興トークで番組を成り立たせる力量を持っています。自分の話ばかりでなく、相手の話を引き出して面白く展開できる。鶴瓶さんと話すと誰もが笑顔になります」(ラリーさん)

 合コンシェルジュの絵音さんが「合コンウケする芸人」でトップに選んだのは高田純次だ。

「テレビ番組では、自己紹介で『こんにちは、アンジェリーナ・ジョリーです』などと言って笑いをとっている。“ボケ”と“適当”で場の空気を和ませられる。初対面同士が集まる場でも、高田さんのキャラだと一気に親近感がわくはずです。女性で高田さんを好きなかたは多いですよ」(絵音さん)

※女性セブン2015年3月19日号

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン