スポーツ

毎度物議醸す女子マラソン代表選考 「一発選考」できぬ理由

 何度同じ騒動を繰り返すのか。世界陸上(8月・北京)女子マラソン代表の選考結果がまたも物議を醸した。五輪代表の選考をめぐり、高橋尚子、松野明美、弘山晴美といった名ランナーたちが苦汁を舐め、その都度、陸連批判の声が飛び交った。それなのにまた──。

 今回、代表切符を手にしたのは、前田彩里(ダイハツ)、伊藤舞(大塚製薬)、重友梨佐(天満屋)の3選手。一方、涙をのんだのが田中智美選手(第一生命)である。彼女が男女を通じて唯一の選考レースの優勝者だっただけに、不可解な選考を疑問視する声は後を絶たない。

 口火を切ったのは、元ロス五輪代表で解説者の増田明美氏だった。3月11日の会見で陸連幹部に「田中さんは優勝しているし、レース内容も良かったのでは」「これでいいんでしょうか?」と疑問を投げかけたのだ。

 スポーツライターの酒井政人氏は、選考基準の曖昧さを指摘する。

「これまで陸連は、順位や勝負強さが大事だといってきたのに、今回はレース前半の積極性を評価しました。180度姿勢が変わっています」

 さらには、公務員ランナー・川内優輝選手までもが「優勝して選ばれないというのはどうなのか」と苦言を呈する異常事態。スポーツ紙のベテラン記者は声を潜めてこう語る。

「陸連強化委員には天満屋、大塚製薬の委員がいるが、落選した田中の第一生命は委員がいない。それが関係してるというのが、もっぱらの噂です」

 いっそのこと「一発選考」にしてしまえばスッキリするのではないか。

「陸連はマラソン中継の放映権で収益を得ていますから、ひとつに絞るわけにはいかないんです」(前出・酒井氏)

 陸連が“大人の事情”ばかり振りかざせば、血のにじむ努力を続ける選手も、手に汗握るレースを望むファンもそっぽを向くだろう。

※週刊ポスト2015年4月3日号

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン