芸能

ハーバード大卒のパックン 役者時代に野際陽子とキスの過去

ハーバード大卒芸人のパックン

 流暢な日本語を話す端正な顔立ちのアメリカ人。本人が「最近、パックンってお笑い芸人だったんだねってよく言われるんですよ」と話すとおり、MC、コメンテーター、ナレーター、役者と、芸人以外でも幅広い活躍で様々なメディアに登場している、パックン(44才)。そんな彼がなぜ日本に来たのか、なぜ芸人なのか、なぜマルチに活躍できるのか。その才能の理由を探ってみた。

 オバマ米大統領(53才)をはじめ、ノーベル賞受賞者などを多く輩出している世界トップレベルのハーバード大学を卒業したパックン。「就活する同級生が多かったんだけど、なんかつまらないなって思って。冒険のつもりで日本に来ることにしたんです」と、大学を卒業した22年前に来日。

 当時は、学費のローンを返すために福井で英会話学校の講師になった。「あの時がいちばんお金がなかった。パンの耳を食べたり、友達の家でご飯を食べさせてもらったり、1日1食の生活でした」。返済にお金を全部回したいという強い意志を持ち、2年半で完済すると、夢である役者を目指し上京した。

「1996年から1年間役者をやりました。いろいろ仕事させてもらって、野際陽子さん(79才)ともキスできたんですよ! でも、でっかい役は回ってこなくて…」と不満じゃないけど、どこか晴れない役者生活。そんな時に出会ったのが、相方となるマックンだった。

「日本の間とか言葉遣いを勉強して、幅広い役を演じられるようになりたいと思いコンビを組みました。役者の勉強の一環としてマックンを踏み台にしてやっていこうとしたんです!」と照れ隠しなのか、冗談めかしてコンビ結成の秘話を教えてくれた。

 そんな若手時代、「やっぱり食えなかった?」という質問をすると、意外な答えが返ってきた。

「モデル、エキストラ、DJ、声優、翻訳といろんなことをやっていたから食べていけました。逆にお笑いの仕事が増えるようになって、収入が減ったね…」

 お笑い番組『爆笑オンエアバトル』(NHK総合)でお笑い芸人としての知名度を上げ、情報番組『ジャスト』(TBS系)、英語トークバラエティー『英語でしゃべらナイト』(NHK総合)、情報番組『おもいッきりイイ!!テレビ』(日本テレビ系)などでキャリアを積み、コメンテーター、司会業とマルチな活躍を見せ、幅広い世代に顔を知られるようになった。

「ぼくの性格はとにかく飽きっぽい。同じことを朝、昼、晩やりたいと思わないし、とにかく毎日違うことをやりたい。このマルチな感じがちょうどいいんです」

 毎日刺激があって楽しい――そんなふうに語るが、ハーバード大学を卒業したのにもかかわらず、日本へ、しかもお笑い芸人を志したことを母国の母親はどう思ったのか。

「芸人になるって初めて言った時、“あなたが? 友達のデリーくんのほうが面白いじゃん”って言われて…。でも、あなたの人生なんだから頑張って生きてって応援してもらっています。それよりも、ボケのひとつで“ハーバード卒ですから”と使っているので、大学関係者がぼくをどう思っているのか、そちらのほうが心配です!」

※女性セブン2015年4月23日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
再再婚が噂される鳥羽氏(右)
【ダブル不倫の代償】広末涼子、損害賠償の分担は「前事務所と合意のうえ退所」 思わぬ形で公表された「4000万円」のけじめ
女性セブン
ミスコン時代の高橋茉莉氏
《ビキニ現場も全力》公認取り消しの元アナ高橋茉莉氏「手書き自己PR」で綴った「グラビアは要相談」「あわよくばしっかり稼ぎたい」芸能活動時代の「とにかく売れたがっていた」素顔
NEWSポストセブン
話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
山根夫妻。奥様が明かす最期の瞬間
逝去の山根明さん 妻が明かした「男・山根」の最期の瞬間 意識もうろうとする中、娘の声かけに涙がこぼれ落ちた
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン