ビジネス

企業の面接官が思わず「イラッ」とくる就活生の言動あるある

 就活シーズンに突入して、会社説明会などが行われている。そこで企業面接官から見た「イラッとさせられる就活生の言動」を紹介しよう。あなたは大丈夫? 千葉商科大学国際教養学部専任講師の常見陽平氏が解説する。

 * * *
 就活シーズン真っ盛りですね。会社説明会も頻繁に行われていますし、エントリーシートの締め切りも連続しています。はやくも内々定を出した企業もあります。就活時期の繰り下げって、何だったのでしょうね。

 さて、新卒の大学生というのは、就活がほぼ初めてなワケです。マナーや社会の事情を知らないワケです。採用に関わる人事担当者や、会社説明会や選考に協力する現役社員も、「しょうがないな、学生だから」と基本、大目に見るわけですが……。とはいえ、イラッとくる言動というものはあるわけです。会社説明会や面接の日は1日に何人もの学生と会うわけで、何度もイラッとくる言動をされると、さすがに疲れるわけです。

 今回は、あるあるネタということで、学生が無意識にやってしまっている、人事担当者をイラッとさせる言動についてまとめてみました。

■「キチョハナカンシャ」の後、質問までの話が長い奴

 「本日は貴重なお話、ありがとうございました」という学生の感謝の言葉を「キチョハナカンシャ」と言います。本当に貴重な話だと思っているのでしょうかね。これも1日に沢山の学生が言うわけで、本当はそう言われると嬉しいはずなのに、何度も言われると疲れてしまいます。

 ちなみに、この「キチョハナカンシャ」に対する有効なツッコミがあって、「どこが貴重な話だと思いましたか?」と聞くと、硬直する学生というのがいるわけです。残念ですねえ。

 しかし!この「キチョハナカンシャ」野郎が真にウザくなるのは、その後の言動です。「本日は貴重なお話、誠にありがとうございました。慶応義塾大学経済学部3年の高橋です」などと言うわけですが、ここからがさらに長い!(あ、ちなみに、慶応の学生は、学部名まで含めてドヤ顔で言うという習性があります。文学部だけはそうじゃないのですけどね)。

「私自身、高校で1年間カナダに、大学で1年アメリカに留学していたので、本日のお話はグローバル化を実感する上で大変に勉強になりました。私、TOEICで900点をとるなど、英語力には自身があるのですが、やはりグローバル化時代は、世界に、地域に飛び込むという考えが必要だと思いました。学生時代はアジア、ヨーロッパを放浪したことがあり、タフさなら自信があります。その上で質問なのですが・・・」

 はやく質問しろよ、おい!「キチョハナカンシャ」の後、自己アピールなどしちゃうわけですね。ウザいですね。はい。

■商品名などを他社のものと間違う奴

「御社の『週刊ポスト』の“死ぬまでSEX”特集は、高齢者に夢と希望を与えました。私は新しい価値を創造する、御社で働きたいです!」

 あの・・・。『週刊ポスト』は「死ぬほどSEX」なのですけど。まあ、これは高度な(?)間違いですが、明らかに他社の商品を間違って出すと、普段は営業をしている面接官などは「大丈夫か・・・」と思ってしまいますね。

■貴社と御社の使い分けが分からない奴

 就活の基本中の基本ですね。エントリーシートなどの文面では「貴社」と書き、口頭では「御社」と言います。間違っていても「まぁ、しょうがないな」と許容される範囲ですが、あまりにも間違う学生が多いため、ちゃんと使い分けていると好印象です。

関連記事

トピックス

冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
羽生善治はいかにして復活を遂げたのか
【天才棋士・羽生善治の復活】AIの登場で下降し続けた成績 もがいて迷った1年を追う
週刊ポスト
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
Toshl、新曲での叫びはYOSHIKIへの決別宣言か「スッキリしてすがすがしい人生を」
Toshl、新曲での叫びはYOSHIKIへの決別宣言か「スッキリしてすがすがしい人生を」
女性セブン
,松本潤
平野紫耀、26歳の誕生日を韓国で迎える ソウルでの目撃情報にファン騒然
女性セブン
オーラを放ちながら店を出る松本
松本潤「生ビール400円」庶民派居酒屋に通う 大河の座長としてグルメ感度の高さを発揮
女性セブン
EXITのふたり
EXIT・兼近大樹、指南役「ルフィ」との関係に相方・りんたろー。が沈黙を守り続ける理由
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
妻の松本伊代
松本伊代、正月は自宅で過ごすも再入院 ヒロミ「笑っちゃうほど大変」介護での共倒れを心配し苦渋の決断
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン