芸能

綾瀬はるか Fカップ水着姿写真集売れ行き不振でも焦りなし

Fカップ水着写真集売れ行き不振でも焦りなし

 女優・綾瀬はるか(30)が3月末に写真集『SEA STORIES Haruka Ayase』(宝島社刊)を発売。Fカップの水着姿を収めた肝いりの写真集だったが、不振に喘いでいる。
 
 2000年にデビューした綾瀬は当初、グラビアアイドルとしての活動がメインだった。その後、女優活動が評価されてドラマやCMに引っ張りだこに。大河ドラマの主役も張って国民的女優となった今、満を持してバスト88・Fカップの水着姿を約10年ぶりに披露したのだが、売れ行きは芳しくない。
 
「4月中旬時点で実売は約4000部に留まっています。同時期に発売されたAKB48・小嶋陽菜の写真集が約7万部ですから、大きく水をあけられました」(スポーツ紙記者)
 
 バストサイズ自体は変わっていないが、ウォッチャーの間で指摘されるのが体型の変化だ。
 
 綾瀬はデビュー直後に8キロも体重を増やしてしまい、引退寸前まで追い込まれた経験を持つ。テレビ番組の企画でダイエットに成功したものの、太りやすい体質はなかなか変わらずに本人が悩む一方、その「ムチムチ」を好むファンは少なくなかった。
 
「太ももや二の腕がプニプニしていて、顔も今よりだいぶ丸かった。今回の写真集は胸の谷間はしっかり写っていますが、以前よりだいぶスレンダーになってあばらが少し浮いていたのが残念でした。
 
 昔は露出も多く、2002年の日韓W杯の時に代表ユニフォーム柄の小さなビキニを着て下乳がはみ出ていたことは、今も語り草になっています。それに比べて今回の水着カットは大人の魅力を意識してか遠目から撮ったものが多く、男性目線では物足りない」(同前)
 
 だが、芸能レポーターの城下尊之氏は綾瀬サイドに焦りはないとする。
 
「今回の写真集はイベントやテレビ出演でのPRがほとんどありませんでした。30歳の節目に写真集を出すことが大事で、売れ行きをそこまで気にしていないと考えられます。大女優への道を歩む綾瀬さんを事務所は大切にしていて、記録を残す意味で写真集を一定の間隔で出し続ける意向のようです」

※週刊ポスト2015年5月8・15日号

関連記事

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
上島竜兵さんと竜兵会の面々
劇団ひとり 上島竜兵さんへの追悼ボケと『浅草キッド』に見る「お笑い師弟愛」の美学
NEWSポストセブン
“不仲説”について達川光男氏が答える(時事通信フォト)
達川光男氏が『サンモニ』関口宏との“不仲説”に弁明「娘にも心配されました」
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン