芸能

綾瀬はるか Fカップ水着姿写真集売れ行き不振でも焦りなし

Fカップ水着写真集売れ行き不振でも焦りなし

 女優・綾瀬はるか(30)が3月末に写真集『SEA STORIES Haruka Ayase』(宝島社刊)を発売。Fカップの水着姿を収めた肝いりの写真集だったが、不振に喘いでいる。
 
 2000年にデビューした綾瀬は当初、グラビアアイドルとしての活動がメインだった。その後、女優活動が評価されてドラマやCMに引っ張りだこに。大河ドラマの主役も張って国民的女優となった今、満を持してバスト88・Fカップの水着姿を約10年ぶりに披露したのだが、売れ行きは芳しくない。
 
「4月中旬時点で実売は約4000部に留まっています。同時期に発売されたAKB48・小嶋陽菜の写真集が約7万部ですから、大きく水をあけられました」(スポーツ紙記者)
 
 バストサイズ自体は変わっていないが、ウォッチャーの間で指摘されるのが体型の変化だ。
 
 綾瀬はデビュー直後に8キロも体重を増やしてしまい、引退寸前まで追い込まれた経験を持つ。テレビ番組の企画でダイエットに成功したものの、太りやすい体質はなかなか変わらずに本人が悩む一方、その「ムチムチ」を好むファンは少なくなかった。
 
「太ももや二の腕がプニプニしていて、顔も今よりだいぶ丸かった。今回の写真集は胸の谷間はしっかり写っていますが、以前よりだいぶスレンダーになってあばらが少し浮いていたのが残念でした。
 
 昔は露出も多く、2002年の日韓W杯の時に代表ユニフォーム柄の小さなビキニを着て下乳がはみ出ていたことは、今も語り草になっています。それに比べて今回の水着カットは大人の魅力を意識してか遠目から撮ったものが多く、男性目線では物足りない」(同前)
 
 だが、芸能レポーターの城下尊之氏は綾瀬サイドに焦りはないとする。
 
「今回の写真集はイベントやテレビ出演でのPRがほとんどありませんでした。30歳の節目に写真集を出すことが大事で、売れ行きをそこまで気にしていないと考えられます。大女優への道を歩む綾瀬さんを事務所は大切にしていて、記録を残す意味で写真集を一定の間隔で出し続ける意向のようです」

※週刊ポスト2015年5月8・15日号

関連記事

トピックス

話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
ミスコン時代の高橋茉莉氏
《ビキニ現場も全力》公認取り消しの元アナ高橋茉莉氏「手書き自己PR」で綴った「グラビアは要相談」「あわよくばしっかり稼ぎたい」芸能活動時代の「とにかく売れたがっていた」素顔
NEWSポストセブン
角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
初めての連ドラ主演に熱量を持って臨む福田麻貴が目撃された
本物の涙にこだわり10分間静止 連ドラ初主演「3時のヒロイン」福田麻貴の熱量に現場騒然
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
「納税は個人の自由だろ!」燃え盛る「#確定申告ボイコット」の声 税務署ではクレーム続出 涙目で「なぜ生活が苦しい私たちから…」という女性も
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
オーバー70の有名人たちからも人気を集めている大谷翔平
冨士眞奈美、研ナオコ…大谷翔平にドハマりする“オーバー70”たち 尾木ママは開幕戦のプラチナチケットをゲット
女性セブン
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン