芸能

芸能コーナー減っている理由 リポーター不足で現場は大変!?

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、キー局のワイドショーで芸能コーナーが減っている理由を解き明かす。

 * * *
「いまの芸能リポーターは、リポーターではなくサポーターになってしまっている」

 とは、故・梨元勝さんが晩年しきりにおっしゃっていたことである。「恐縮です」というおなじみのフレーズを駆使しながら、現場で直撃し続けていた梨元さんにとって、時に芸能プロダクションとベッタリであるかのようなリポーターたちは、「サポーター」として見えたのだろう。

 だが、昔のように玄関のチャイムをピンポン、ピンポン鳴らし続けたり、芸能人に対し罵声を浴びせたりする“手法”がやれなくなった昨今。芸能リポーターさんたちは、芸能プロダクションと密に連絡をとりながら、「〇〇さん(=リポーター)ならば話す」という状況にいかにもっていくかが新しい処世術になっているような気がする。

 週刊誌やスポーツ紙がそうであるように、ちょっと過激な記事をオンエアしただけで訴えられる時代。何件も係争を抱えていることは通常業務に支障をきたすし、昔なら負けなかった案件が、いまではメディア側に不利な結果となるのが昨今の傾向である。

 加えて、テレビのワイドショーに芸能コーナーが少なくなってきた。司会者やコメンテーターに大手芸能プロダクションに所属している者が多すぎて、テレビ局側が彼らに遠慮して、芸能スキャンダルを扱わないようになってしまったのである。

 チーフプロデューサーや総合演出担当が「芸能嫌い」であるケースもある。確かに、芸能をきっちり扱おうと思ったら、しっかりした芸能デスクを2~3人、そして優秀な芸能リポーターも複数人、置かないといけないし、毎日、午前と午後にどこかしらで行われているイベントや会見に出すカメラクルーも確保しなければならない。いまは予算の関係で、これができないのも現状だ。

 数字がとれないワケではないのである。たとえば私が毎週出演している『ドデスカ!』(メ~テレ)は、いまでも2時間番組のなかに、スポーツ紙の芸能面を紹介するコーナー、在京局が取材した芸能モノを配信してもらって作るVTRコーナー、独自の切り口で行うコーナー…と、毎日3枠の芸能コーナーがあり、視聴率の分計はどれも山になっている。視聴者が芸能に興味がなくなったワケでもないのだ。

 在京局のワイドショーには芸能コーナーが少なく、地方局のワイドショーには芸能コーナーがタップリ…となれば、おのずと芸能リポーターたちは地方局の番組に生出演する機会が多くなる。

 名古屋、大阪、福岡などの準キー局で、独自の生ワイド番組を制作している局では、おなじみの芸能リポーターたちが自分のコーナーを持っていて、独自の切り口や目線で旬な芸能ネタについて解説している。もちろん、そこでしか聴けないような大ネタもあれば裏ネタもあり、最近はネットの普及もあり、そこで発信された芸能ニュースがスポーツ紙のWEBサイトにまずあがり、翌日、紙面に掲載される…というケースも多々あるのだ。

関連記事

トピックス

結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
政倫審もあれる中、岸田首相は大谷頼みで…
「大谷翔平結婚」で政倫審ウヤムヤにできた岸田首相、次はドジャース開幕戦のサプライズ観戦計画 “大谷頼み”が酷すぎる
NEWSポストセブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》「アナウンサーじゃなくて良かった」とファン安堵 大谷を守った“女性アナ隔離政策”
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
【実例「おじさん構文」「おばさん構文」】LINEで世代間ギャップを生む“書き言葉”と“打ち言葉”の違い
【実例「おじさん構文」「おばさん構文」】LINEで世代間ギャップを生む“書き言葉”と“打ち言葉”の違い
マネーポストWEB