• TOP
  • ライフ
  • ペットの「がん治療」は無法地帯? 愛犬家の有名医師が指摘

ライフ

2015.05.04 16:01  NEWSポストセブン

ペットの「がん治療」は無法地帯? 愛犬家の有名医師が指摘

愛猫の「まる」と養老孟司氏

 現在、日本における15才以下の人口は約1600万人。一方、日本国内で飼育されている犬と猫は合わせて約2000万頭といわれている。少子高齢化が進んでいく日本では、いまや子供よりペットの方が多くなっているのだ。

 これだけペットが増えてくると、人間と同様に医療や介護の問題も浮上してくるわけだが、そこにヒントを与えてくれる本が出版された。愛猫家として知られる医学博士の養老孟司氏と、先駆的ながん治療の権威で、大の犬好きな医学博士・近藤誠氏が、ペットと人間の医療や介護について語り合った『ねこバカ いぬバカ」(小学館)という一冊だ。

 ものごころがついた時から猫を飼っていたという養老氏。現在はスコティッシュ・フォールドの「まる」(12才、オス)を飼っている。「しぐさを見てるだけで、働く気が失せるよね」(同書より、以下「」内同)と話す養老氏。とにかく癒しの対象で「うちに帰るとまず、まるの姿をさがしてしまう」というほど溺愛している。さらに養老氏は、

「猫が好きな人って、本当の自分を猫に託しているんじゃないかと思いますよ。本当は気ままに生きたいんだけど、浮世の義理があって、けっこう気を遣って辛抱していて。だから猫を好きにさせて、勝手に乗り移って、その時、自分も猫になってるんじゃないかな」

 と、息苦しい日常生活から逃げてしまいたいという願望を猫に投影しているのではないかと、愛猫家としての自分を分析している。

 近藤氏は結婚してから40年近く犬を飼っているとのことで、現在はボストン・テリアの「ボビー」(1才、オス)を飼っている。気ままな猫に対して、犬は思いきり飼い主に愛情を表現してくるペットだ。

「犬好きは単純な人が多いでしょうね。犬って自己アピールがすごくて、『エサくれ』『散歩に連れてけ』『なんかやってほしい』…常に『かまって、かまって』(笑)。しっぽもよく振ってくれて、わかりやすいから」(近藤氏)

 無邪気に感情を表現してくる犬を見て、自分が必要とされていると実感したいのが愛犬家なのかもしれない。

 高齢のペット愛好家にとって大きな問題となっているのが、“どちらが先に逝くか”ということだ。飼い主が先に亡くなって、ペットが残されることを懸念して、飼いたくても飼えない人も多いという。

「高齢者も飼いやすいシステムを作った方がいい。子犬から飼うから無理があるわけで、7才過ぎた成犬を飼うとか。保護センターにいる犬は、成犬の方が処分されやすいから、それを引き取るとか」(近藤氏)

関連記事

トピックス