芸能

歌ネタ芸人タブレット純 クマムシCDデビューに「ジェラシー」

独特の歌ネタで人気を集めているタブレット純

 算数の問題集を低音の美しい声で朗読し、「そんなことより気になるのは…」と、問題の不条理さをムード歌謡調のメロディーに乗せて訴える芸風が話題のタブレット純(40才)。かつて、「和田弘とマヒナスターズ」のボーカルとして活動していたこともある異色の経歴を持つ。そんな彼に、お笑いのネタ作りや、今でも続けているアルバイトなどについて聞いた。

――芸人にスカウトされたのが2011年。『歌ネタ王決定戦2013』(MBS)で知名度が上がりましたよね。芸人として名前が上がるのは早かったですよね。

タブレット:歌ネタ王によって、テレビやメディアに出る回数がかなり増えまして。今年の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)出演も後押しされて、自分でも記憶がないくらい毎日仕事をいただいている状態になってきた。やっと芸人だと言っていいのかな、ぐらいの気持ちになれているんですけど。

――ネタはどうやって作っていますか?

タブレット:ひとりで飲んだりしている時に浮かんだりとか。マネジャーと飲むことが多いんですけど、誰も思わなかったふとした疑問を提案されて、それは面白いなとか。算数のネタも、自分は算数が苦手なこともあって、なんでこんなことを答えなきゃいけないんだってずっと思っていたので。それで教科書を見返したら、なんじゃこりゃと笑えたので(笑い)。

――教科書を投げ捨てるとか、演出もすぐに決まった?

タブレット:見せ方は悩んでしばらくやっていなかったんですけど、かなりネタに行き詰った時があって。事務所ライブだったんですけど、どうしようって感じで、やっちゃうしかないと思って。ぶっつけ本番、やってみたら、今までで一番くらいにウケて。ちょうどその時期に歌ネタ王があったので、すぐに決勝にいってしまって。

――それが2014年なんですね。

タブレット:そうです。それからはめくるめくというか。あんなに苦手だった算数に救われた。こんなふうに役立つとは夢にも思わなかったんですけど。

――あのネタはバージョンを増やしていく?

タブレット:「そんな事より気になるのは…」というフレーズがある程度浸透したので、算数ではないもので、本筋ではないところに目が行く、というネタを広げていこうと思っています。理想なのは、世の中がそこに向かって考えていることを、いやそれより気になるのは、と言えると嬉しいんですけど。風刺が効いているようなものとか。なんでこんなことしなきゃいけないのかってことを考え中です。

――ライブハウスの頃はバイトに明け暮れていたとおっしゃっていましたけど、さすがにもう辞めていますよね。

タブレット:いえ、バイトは続けています。マヒナスターズの頃からずっと介護の仕事をしていて、今も週2回在宅訪問介護をしているんです。病院にお連れしたり、買い物をしたり、料理をしたり。“テレビ出てたね”とか言われると、認識されたんだなって嬉しく思います。

――収入は増えたのに、辞める気はないんですか?

関連キーワード

関連記事

トピックス

初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン