ビジネス

日本の不動産に殺到する中国人 悪材料出れば一斉に売り逃げ

 首都圏の高級マンション販売が活況を呈している。新築マンションの販売価格も22年ぶりに5000万円台を超え、今年4月には5305万円に達した。今の不動産市場を支えているのはREIT(不動産投資信託)だといっても過言ではない。REITが新規物件をどんどん買ってくれることを前提に、大手ディベロッパーは新しいマンションやビルを建設している。

 そのREITを支えているのは、実は「年金積立金管理運用独立行政法人」などの公的資金だ。しかしその投資余力も限界が見えてきたとの思惑からREIT相場は調整局面に入っている。

 REITと並んで都心の不動産相場を支えているのがチャイナマネーだ。中国人や華僑の富裕層の投資資金が東京に殺到しているが、そうした資金は逃げ足が速い。榊マンション市場研究所の榊淳司・代表が指摘する。

「急激な円安で日本の不動産に割安感があるので、今は中国の個人投資家が運用目的で都心マンションなどをたくさん買っています。それだけに、値上がり期待が薄れたり、利回りが下がったり、アメリカが利上げするなどしてそちらの投資妙味が増せば、一気に資産を移すでしょう。彼らは日本での運用に懸念材料が出ると、一斉に素早く売りに動くという習性が見られます」

 実際、東日本大震災の際、中国人は保有していたマンションを損を覚悟で売り払い、東京の不動産市場から資金を一斉に引き上げたことがあった。

「現在、中国人は大震災前の数百倍の規模で日本の不動産を買っている。中国人は資産運用のために買っていて、その物件に住んでいない場合が多いので、暴落の兆しが見えればチャイナマネーは日本から一目散に逃げていくと思われます」(榊氏)

 待っているのは、つるべ落としのような大暴落だ。あっという間にマンション相場は下がり、売ってもローンだけが手元に残るので売るに売れない。そもそも住む人もいないのに投資目的で新築マンションが次々と供給されている中では、既存のマンションの価格はさらに下がる。自宅を担保にしている中小企業経営者は担保割れで廃業危機に追い込まれるという事態にもなる。不動産バブルを煽ったアベノミクスはそうして逆回転を始める。

「いまマンションは買いだ」と煽る政治家と大マスコミは現実がまるで見えていないのだ。

※週刊ポスト2015年6月5日号

関連記事

トピックス

帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
自身の入局当時と今の現場の違いを語る元日本テレビ・馬場典子アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#4】先輩から見た水卜麻美アナ、弘中綾香アナの評価
週刊ポスト
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
女性セブン
吉羽美華容疑者(ブログより)
詐欺逮捕の美しすぎる市議、主犯48歳男から渡されていた“40条の愛の誓約書” 「やきもちも表現する」「愛情を無垢に与える」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
平田徹氏
横浜元監督・平田徹氏が明かす「退任の無念」とPL学園元コーチとの“再出発”【前編】
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン