芸能

『花燃ゆ』の舞台に衝撃 「高杉晋作の生家」にニセモノ疑惑

 NHK大河ドラマ『花燃ゆ』は山口県荻市が舞台。同市の旧城下町・菊屋横町には、吉田松陰の弟子である幕末志士・高杉晋作の「生家」があるとしても有名なのだが、これに関する疑惑があると6月1日発売の週刊ポスト(6月12日号)が報じている。

 高杉は、武士と庶民の混成部隊「奇兵隊」を組織、長州藩を倒幕に向かわせた。大河ドラマでは若手人気俳優の高良健吾が高杉役を務めている。

 菊屋横町には「高杉晋作誕生地」の石碑が立っており、その「生家」には入館料100円(中高生は50円)を払って多くの観光客が訪れる。萩市観光協会もネット上で説明、NHKの花燃ゆ公式ガイドブックでも紹介されている。

 ところが、「高杉晋作の生家」と喧伝されるこの屋敷、その触れ込みとは異なり、高杉が生まれ育った当時とは全く別の建物である疑いが強い。2000年に梅渓昇・大阪大学名誉教授がこの屋敷について検証したレポートがある。そのレポートによれば、もともとの屋敷が半分に分けられたのは現地で配られる冊子の説明の通りだが、現存する部分は旧材を用いて改築された別の建物だというのである。

 梅渓氏は同誌の取材にこう答えた。

「当時のレポートに書いてある通りです。今頃になって地元で高杉が生まれ育った家だと取り上げられていることが理解できない」

 同誌は現在の土地・建物の所有者、及び萩市の担当者、NHKにも取材し、疑惑について検証している。

関連記事

トピックス

工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
「スルー対応」が続く坂本勇人のスキャンダル テレビ、新聞の若手記者からは「巨人を担当したくない」などの声も
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン