スポーツ

高校サッカーで誤審 10年後にMF青山含む当時の選手がOB戦

 スポーツに誤審はつきものだ。サッカーも然り。誤審をバネに後に日本代表にまで上り詰めた選手もいれば、自責の念に囚われてボールを蹴るのをやめてしまった選手もいる。それほどこの誤審はサッカー少年たちの心を深く抉ってしまった。

 2002年11月10日、サッカーの全国高校選手権岡山県大会決勝の作陽対水島工業戦。1対1で迎えた延長3分、作陽の2年生でエースMFの青山敏弘(現サンフレッチェ広島。2014年ブラジルW杯日本代表)がペナルティエリア外からシュートを放つと、ボールは左ポストの内側を叩いてゴールネットを揺らした。それが決勝ゴールとなったはずだった。

 ところが、ボールがゴール奥側のポストに当たり枠の外に転がり出てキーパーがキャッチすると、主審はなぜかノーゴールと思い込み、試合を続行させた。挙げ句、PK戦にもつれこみ、作陽は負けてしまった。

 試合はテレビ中継されており、「幻のゴール」が番組の終了間際にも映し出されていた。誤審は明らかで、後に日本サッカー協会も誤審を認めたが、試合結果は変わらなかった。

 誤審によって敗者となり、「全国」への切符を逃した作陽の選手たちを傷つけたことはいうまでもないが、勝者となった水島工の選手たちも複雑な思いを抱えることになった。

「幻のゴール」はテレビニュースで繰り返され、新聞や雑誌で取り上げられた。作陽が「悲劇のヒーロー」になる一方、水島工は敵役にされた。学校に抗議や嫌がらせの電話、手紙が殺到し、新聞には全国大会辞退を求める投書が掲載された。

 水島工の選手たちは苦悩した。なかでもストライカーだった3年生のFWは自責の念に駆られ、11人いた3年生に「辞退すべきではないか」と思いを打ち明けた。それをきっかけに話し合いが始まり、多数決を取った。結果は6対5で「出場」が「辞退」を上回った。最初に「辞退」を主張したFWの選手は退部した。出場することにした他の選手にしても、思いは複雑だった。

 本当は自分たちに出場の権利はない。作陽のことを思えば胸が痛む。だが、自分たちは不正を働いたわけではない。そしてもちろん、出場の喜びを感じる自分もいる……。

 水島工は全国大会1回戦で敗退した。

 10年後、当時の作陽の主将と水島工のGKが酒を飲む機会があり、当時のメンバーでOB戦を行なうことになった(2012年12月15日)。結果は1対1。「誤審のときはサッカーが嫌いになった」「あのゴールがプロを目指す原点」と語っていた青山は、その再試合を終え、「サッカーを思い切り楽しめた」と喜んだ。その思いは全員に共通していた。

※週刊ポスト2015年6月19日号

関連キーワード

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト