• TOP
  • 国内
  • ストーカーの加害者 「警察に話すほど俺のこと好き」と誤解

国内

2015.07.11 07:00  女性セブン

ストーカーの加害者 「警察に話すほど俺のこと好き」と誤解

 東京未来大学・こども心理学部長の出口保行さんへのお悩み相談。今回は名古屋在住の佳子さん(39才)から人間関係の悩みについてについて回答します。

【相談】
 ママ友の由里さんはプレゼント魔。欲しくもない物をもらうのは、はっきり言ってありがた迷惑。私の気持ちを共通のママ友からさりげなく伝えてもらったら、「遠慮しちゃって。あなたに話すくらいだから、喜んでくれているのね」ですって。なぜ、そうなる?

【解説】
 佳子さんの気持ちが理解できない由里さん。ママ友からでは、真意が伝わらなかったというわけではありません。

 この手の、どれだけ相手が嫌がってもそれを感じ取れない「共感能力」が低いタイプは、“K・Y気質”ともいえますが、それだけでなく、嫌がっていることを喜んでいると歪んで認知してしまうのは、“ストーカー気質”です。

 世にいう「嫌よ、嫌よも好きのうち」と思い込んでいるのです。

 相手がネガティブな感情で返しているのに、それを理解するどころか、「またまた、そんなこと言っちゃってぇ~」と、自分に都合のいい、自己中心的な受け取り方をするのが特徴です。

 心理学ではこれを「エゴセントリック」といいます。自分がよければそれでいいという、一方通行の感情を持っているのが特徴です。

 たとえネガティブな感情が理解できたとしても、「私は好意でやっただけ」と、自分の行為を正当化するので、悪いのはすべて相手となり、逆恨みをすることもあります。

 このように、認知の歪みがあるため相手の感情を正しく推測できないし、感情を推測したとしても、うがった解釈をしていきやすいのが、ストーカー気質の特徴です。

 男性にストーカーされた女性が殺害されるなどの事件が絶えないのも、被害者が警察に相談したことを「警察に話すほど、おれのことを好いているんだな」と歪んだとらえ方をするから。そしてさらに行為がエスカレートするのです。

 このように、ストーカー気質が高い人は、一歩間違えると、エスカレート犯罪といって、どんどんやることが過激になり、最終的には殺人を犯すところまでいってしまいます。

※女性セブン2015年7月23日号

関連記事

トピックス