ビジネス

中国株暴落で同時株安 堅い日本株は絶好の仕込み場と専門家

 ギリシャ危機をきっかけに、反騰してきた中国株が急落、中国バブルが崩壊かとの見方も出てきた。崩壊となれば世界恐慌すら引き起こしかねない。ただし、“お先真っ暗”と悲観するだけでは日本経済も国民も世界で勝ち残ることはできないだろう。

 資本主義のルールを無視する中国は世界経済を歪めてきた。2008年のリーマンショックから中国経済がいち早く回復したのは、政府の過剰なまでの景気対策があったからだ。それが近年の歪んだチャイナ・バブルにつながっている。

 中国経済の崩壊は、その病巣を取り除くきっかけになる。混乱の先には世界経済の健全化という光明が待ち受けていることをいち早く見抜くことができるかどうかが投資の勝敗を分ける。

「中国のバブル崩壊は史上最大の買いのチャンスでもあります」

 そう語るのはカブ知恵代表の藤井英敏氏だ。

「今回の中国の株価暴落を受けて世界中の市場が敏感に反応している。万が一中国経済がクラッシュすることを恐れて、9月には金融引き締め(利上げ)に転じようとしていた米国は利上げを12月まで延期するのではないかというのが市場の観測です。

 日本でも異次元の金融緩和を続けている日銀はさらなる緩和を進めて円を刷りまくるでしょう。ただ、リーマンショックではニューヨーク市場の株価は42%も下落し、失業率はハネ上がったが、株価はわずか2年2か月で元の水準に戻った。

 そうした過去の事例から考えると同時株安の一時的な下がり幅が深いほど、大きな利益をあげる好機になる。実は多くの投資家が今回の株価急落はチャンスと見ています。投げ売りが進んだ今こそ、堅いといわれる日本株を仕込む絶好のタイミングといえます」

※週刊ポスト2015年7月31日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
なぜここまで打てなくなってしまったのか…(時事通信フォト)
巨人・小林誠司、6月の打率0割… 慢性的な打撃不振は「指導者に責任の一端」の指摘
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
分裂抗争が最終局面に(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
「民間人の店も襲撃」 最終局面に突入した分裂抗争で六代目山口組が見せた意志
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子 “破壊力抜群”水着ショット公開はレギュラー番組激減への反転攻勢か
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン