芸能

あばれる君 ベテラン芸人の高評価と性格の良さでオファー増

 テレビの次世代を担う若手芸人として今、あばれる君(28才)が業界で大きな注目を集めている。

「今月初め各キー局の編成マンらが非公式に集まり情報交換をしたときに、ネクストブレイク芸人の話になったのですが、流れ星やピスタチオなどの名前が上がるなかで、ほかの芸人に大差をつけたのがあばれる君だったんです。あのヘタウマな話芸と捉えどころのないパフォーマンスが今までにない芸風と評価されたんです」(テレビ局関係者)

 スタッフの評価だけではない。多くのベテラン芸人が、あばれる君を高く評価しているのだ。

「くりぃむしちゅー、内村光良、明石家さんまからもそうです。とくにさんまは、日テレの『さんま御殿』のスタッフに、何度もあばれる君の名前を出してプッシュしていたそうです。別番組で、本番になるとボケをかまして、暴れ回る姿をさんまが気に入ったと聞いています。その話は瞬く間にテレビ界に広まっていきました」(放送作家)

 あばれる君がテレビ界で引く手あまたな理由が実はもうひとつあるという。スタッフ受けが抜群にいいのだ。

「芸名があばれる君のため、テレビカメラが向いている時は常にハイテンションになって縦横無尽に動き回る。でも、カメラが止まると操り人形の糸がプツリと切れたようにおとなしくなる。それどころかすごく気を遣う男でロケが長引いても絶対に文句を言わない。むしろスタッフを気遣いさえする。たいていの現場には電車やバスでやって来ますしね、それは売れ始めても変わりません」(芸能プロ関係者)

 もっとも、芸人としてキャラクターを確立中のあばれる君はそんな素顔をテレビの前には絶対にさらさない。ところが、かつて一度だけ素を晒してしまったことがある。今もテレビマンの間で語り継がれているのが4月に放送された特番『爆問!最強ドッキリ祭』(TBS系)。佐々木健介・北斗晶夫妻が仕掛けたドッキリに、あばれる君が思わず号泣してしまうハプニングが起こったのだ。

「ドッキリの内容は、“北斗&健介が仮面夫婦だったら”というもの。女性マネジャーが佐々木の愛人と言う設定です。しかも、カメラが回る直前に結婚指輪を付ける北斗の姿を目の当たりにするあばれる君はカメラの前にも関わらず素になって驚くんです。

 極めつきは佐々木と北斗が胸ぐらをつかみ合う大喧嘩を始め佐々木が怒鳴りながら部屋を出ていく。ふたりのそんな姿を目の当たりにしたあばれる君は自分の無力さを呪いながらもふたりの復縁を切に願ってその場で泣きだしたんです。ドッキリ企画とは言え、あばれる君の優しさが伝わってくるほのぼのしたドッキリになった」(別の放送作家)

 テレビから受けるイメージとは180度違うあばれる君。業界ではあまりの性格の良さからスタッフからは尊敬と畏敬の念を込めて“あっぱれ君”と呼ぶ声もあるとか。

「10月からは各局で多くのレギュラー番組を獲得する話もあります。初のMC番組が早くも決まりつつあるそうですよ」(別のテレビ局関係者)

 あばれる君の快進撃は、しばらく止まりそうにない。

関連記事

トピックス

本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
三谷
『鎌倉殿の13人』は大河ドラマを変えた、『仁義なき戦い』がヤクザ映画を変えたように
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
「申し訳ない」と会見で述べた鈴木俊一財務大臣。写真は2022年10月、G20開催時(時事通信フォト)
財務省の自賠責積立金6000億円踏み倒し問題 賦課金150円値上げに「奢り」が見える
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン