内村光良一覧

【内村光良】に関するニュースを集めたページです。

初の冠番組が始まる見取り図
見取り図も!「関西芸人、ウッチャンにハマれば全国で売れる説」立証
 テレビ朝日の深夜バラエティ枠「バラバラ大作戦」で4月より、見取り図の初冠番組となる『見取り図じゃん』がスタートすることが発表された。これまで大阪と東京の二重生活を送ってきた彼らだが、4月からは拠点を東京に移すという。見取り図が全国区のブレイクを果たしたことを受け、業界関係者の間では「完全に“説”が立証された」との声が飛び交う。「関西芸人、ウッチャンにハマれば全国で売れる説」である。ベテラン芸能ライターが解説する。「この説がテレビ業界で広く知られるようになったきっかけは、千鳥が自らのブレイクについて『内村さんにハマったおかげ』と公言しているからです。千鳥は東京進出後、独特の“クセがすごい”芸風がなかなか視聴者に届かないでいたところ、宮川大輔さんの猛プッシュで内村さんがMCを務める『笑神様は突然に…』(日本テレビ系)に出演。それがターニングポイントになりました。 千鳥のロケVTRに魅了された内村さんは、番組後の打ち上げで宮川さんに『千鳥って面白いね』『ああいう面白い子らがむちゃくちゃ売れて欲しい』と語ったそうです。これを機に千鳥が内村さんの番組に次々キャスティングされるようになり、一気に全国的ブレイクの階段を駆け上がったんです」 それに続いたのがかまいたち、見取り図で、いずれも『笑神様』をきっかけにブレイクを果たした。「2組とも千鳥に続けとばかり、“この番組で爪痕を残そう”と必死だったそうです。かまいたちはオープニング直後にロケ先の港に飛び込み、見取り図のリリーに至ってはまゆ毛まで剃り落とした。まゆ毛剃りについてはさすがの内村さんも引き気味でしたが(苦笑)、その後、内村さんは方々で『見取り図はリリーのほうがヤバいんだよな』と話すようになり、今の見取り図の自由奔放なロケのスタイルが確立されました。『笑神様』に関しては、レギュラー時代は視聴率が振るわず打ち切りになりましたが、その後、不定期で放送されているスペシャル番組は業界内視聴率100%とまで言われています。この番組で内村さんにハマった芸人がブレイクする方程式が出来上がっているので、各局のバラエティ関係者は見逃すわけにいかないんです」(同前)最初に体現したのは東野幸治 千鳥、かまいたち、見取り図に共通するのは、いずれも吉本興業所属で、大阪から東京に進出してきたこと。M-1グランプリで決勝進出し、ブレイクの足がかりを掴んだ彼らだが、なぜ東京進出にあたって内村に頼る必要があったのか。彼らにそれをアドバイスしたのは今田耕司、東野幸治という吉本の大先輩だったという。「2人は、“大阪の吉本芸人は東京に進出したら吉本の先輩ではなくウッチャンと絡め”と後輩たちにアドバイスしているのです。今年1月3日放送の『内村&さまぁ~ずの初出しトークバラエティ 笑いダネ』(日本テレビ系)にゲスト出演した今田さんは直接、内村さんにそのことを説明。理由として『大阪で培った濃い油まみれの笑いはすぐには東京の人に受け入れられないが、内村さんはフラットだから、共演したときに内村さんが笑えば全国的に“この人たちは受け入れていいんだ”となる』と語っていました。それを受けてVTR出演した千鳥の大悟さんは内村さんを『ろ過師』と評しました。 東野さんも全く同様のことを後輩にアドバイスしているそうですが、彼の場合は自らの実体験もあります。ダウンタウンとの共演をはじめ関西色の強かった東野さんですが、『ウッチャンウリウリ!ナンチャンナリナリ!!』(日本テレビ系)、『ウンナンのホントコ!』(TBS系)で相次いでウンナンと共演することで、全国区に浸透していくことに繋がった。実はこの説を最初に体現したのは、東野さんだったのかもしれません」(同前)
2022.03.21 19:00
NEWSポストセブン
『スカッとジャパン』が3月で終了となる
『スカッとジャパン』3月で打ち切りに 早期退職募集の「フジの苦境」
 フジテレビが看板番組に大鉈を振るっている。昼の『バイキングMORE』に加え、月曜夜8時台の人気バラエティ『痛快TV スカッとジャパン』が3月いっぱいで終了することが決まった。同局のプロデューサーはこう話す。「すでに司会のウッチャンナンチャン・内村光良さんには打ち切りが伝えられています。最近では視聴率が6%台と低迷していて、『スカッと』の後に放送されていた月9ドラマ『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』とは5%近くの視聴率の差がつけられることもあり、視聴者離れが深刻でした。今後は特番での放送が予定されています」 同番組は2014年10月からレギュラー放送が始まった。ムカッとする状況を機転の利いた人の対応でスカッとした話を、俳優やタレントが再現ドラマ仕立てで演じ、スタジオでスカッとしたかどうか判断する内容が人気を博した。木下ほうか演じる“イヤミ課長”の『はい論破!』というセリフも人気となり、書籍化もされている。 打ち切りの理由は視聴率低迷だけではなく、フジ側の懐事情もあるという。前出のプロデューサーが続ける。「局内ではバラエティ番組のコスト高が問題視されています。再現ドラマの出演者のコストに加え、スタジオでのコストもかかる『スカッと』は、同じく視聴率が低迷している『ネプリーグ』とともに、近年では改編のたびに名前が挙がっていましたので、聞いたときは“いよいよか……”と思いました」 コストカットはフジの中でも急務となっている。1月からは50代以上の社員を対象とした早期退職希望者を募り、1億円近いとも言われている特別加算金も付けたが、応募の出足は鈍いという。別のフジ社員はこう話す。「500人弱はいるバブル期に入社した50代社員の人件費を削ろうとしていますが、会社にしがみつく人間が多く、逆に現場ではバラエティを作れる若手の人材が離れていっています。 給料だけでなく番組経費も削られているため有能な若手はすぐに独立したり、フリーでYouTube制作に回ってしまい、制作サイドも限界が来ている。今のフジはドラマが好調で、視聴率は大きく跳ねなくとも『TVer』などの見逃し配信で稼げている。4月からは水曜10時からのドラマ枠を6年ぶりに復活させ、連ドラ枠を4つ抱えることになる。これからは”ドラマのフジ”路線でいこうとしています」 同番組の打ち切りについてフジテレビは「改編情報に関してはお答えしておりません」(広報宣伝部)と回答した。1980年代に「楽しくなければテレビじゃない」のキャッチフレーズで2011年まで視聴率三冠を誇っていたフジだが、「楽しい」を切り捨てた代償はどう出るか。
2022.01.12 14:30
NEWSポストセブン
ウンナンもここからブレイクした
「ウッチャン」と「ナンチャン」がコンビ? 小学生知らぬ現実
 ウッチャンナンチャンと言えば、かたや内村光良は『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)など地上波レギュラー5本、かたや南原清隆は帯番組『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)など地上波レギュラー3本を抱える大物コンビだが、近年はコンビでの共演がめっきり減っている。それにより、子どもたちの間では彼らがコンビだと認識されていないのだという。 内村は9月に出演したラジオ番組で、「今の小学生とか、コンビだって知らない子多いんじゃないかなって私は思うんですよね。『ヒルナンデス!』やってるおじさんと、『イッテQ!』のおじさんっていう認識が多いんじゃないかなっていう」と語ったが、長年のウンナンファンである40歳会社員男性は、実際に娘に確かめてみたという。「平日の昼に在宅勤務していた際、学校行事で家にいた小学3年生になる娘に、『ヒルナンデス!』を観ながら『ナンチャンがウッチャンとコンビだって知ってた?』と訊いたんです。そうしたら、『ウッチャンてあのウッチャン? えっ、そうなの? 知らなかった』と言っていて、驚きました。娘は、夏休みは毎日のように『ヒルナンデス!』を観ていたし、『イッテQ!』や『THE 突破ファイル』(日本テレビ系)も好きだから、もちろん2人のことは知っています。なのに、コンビだとは知らない。最近、共演が少ないからでしょうが、ファンとしてはちょっと寂しいですね」 近年、2人の共演は年に1~2回という状況が続いており、今年に入ってからは一度もない。ダウンタウン・松本人志と内村の7年ぶり共演が話題になったが、いまだコンビでの活動が中心のダウンタウンに対し、いまやウッチャンナンチャンはコンビ共演そのものがレアになっている。なぜなのか。芸能評論家の三杉武氏が解説する。「2人揃っての出演は年末年始などの特番に限られ、本格的なコントが見られなくなってだいぶ経ちます。その間にウッチャンは自身のライフワークであるコント番組を作り続け、“内村ファミリー”とも呼ばれる芸人やスタッフを育ててきた。一方、ナンチャンはスポーツ、バラエティの司会で新たな才能を開花させた。それぞれ個性や方向性の違いもあって共演する機会は減り、コントを作ることもなくなっていった。一部で不仲説が囁かれたこともありましたが、大物コンビにはよくあることで、個々の仕事が大きくなり、関わる人間やお金も増えていき、交通整理が難しくなっているだけだと思います」 先のラジオ番組で、内村は「年末までには(コンビで)何かやれたらいいかなと思っておりますね」と共演を希望していることを明かした。前出・三杉氏は、業界内でも2人の共演待望論が高まっているという。「ウッチャンのお笑いへのこだわりは深まる一方だし、司会が中心のナンチャンも『ネタパレ』(フジテレビ系)ではお笑いの顔を覗かせ、現役世代にも目配りをしている。期待を込めてですが、2人ともどこかで復活のタイミングを見計らっているようにも思えます。ファンはもちろん業界内でも『またウンナンのコント番組が観たい!』という声は根強くあり、ここにきてさらにその声は大きくなっている。現場でテレビ番組を作っているのはダウンタウン、ウンナンで育った世代。『自分たちの手でウンナンを復活させたい』という思い入れは強い。今年は松ちゃんとウッチャンが共演し話題となったが、ウンナン自身にも刺激になったのではないでしょうか」
2021.11.14 11:00
NEWSポストセブン
『笑ってはいけない』が今年は休止なので…(時事通信フォト)
紅白勇退の内村光良 大晦日に松本人志と日テレで“再共演”はあるか
 NHKが今年の『紅白歌合戦』の司会を発表。昨年まで4年連続で総合司会を務めていたウッチャンナンチャン・内村光良(57)の名前はなかった。 近年の紅白を支えた功労者の“勇退”を惜しむ声は多いが、業界関係者の間では別の期待が高まっている。内村が紅白の代わりに大晦日、ダウンタウン・松本人志(58)と“再共演”するのではないかと取り沙汰されているのだ。芸能評論家の三杉武氏が言う。「毎年大晦日にダウンタウンが出演していた『笑ってはいけない』が今年は休止になり、代わりに6時間の大型生放送特番が予定されています。『絶対笑って年越したい! 笑う大晦日』という仮題になっているため、司会は継続してダウンタウンになりそうです。『笑ってはいけない』を超えるインパクトを残すための目玉ゲストとして、内村なら話題性抜群。これまでは裏番組のため無理でしたが、内村が紅白に出ないのならば実現可能性はゼロではない」 松本と内村は20代の頃にフジテレビ系『夢で逢えたら』(1988~1991年)で共演して以来の盟友関係にあり、8月にフジの特番で久々の共演が実現した際には、2人から「ウッチャンナンチャンとダウンタウンで何かやりたい」という発言も飛び出した。松本は「(共演するなら)やっぱり日テレかTBSでしょ」とも語っていたことから、コンビでの共演にも期待は高まる。が、当の日テレ関係者は慎重だ。「局内でももちろん待望論はありますが、内村さんは『年末は休みたい』と漏らしていると聞きますし、ハードルは高そう。また、松本さんは昨年の『笑ってはいけない』でアンジャッシュ渡部建の復帰がスッパ抜かれてお蔵入りになったことでナーバスになっており、直前まで情報管理は徹底されることになりそうです」 日テレに訊くと「番組の制作過程についてはお答えしておりません」(宣伝部)とのこと。大晦日に逢えたら……。※週刊ポスト2021年11月19・26日号
2021.11.10 11:00
週刊ポスト
共演した内村と松本
松本人志と内村光良 ともに「出禁説」のテレビ朝日での共演はあるのか
 ダウンタウン・松本人志(57)が“キャプテン”として出演した8月29日放送のフジテレビ系特番『FNSラフ&ミュージック』にウッチャンナンチャン・内村光良(57)がサプライズ出演。7年ぶりの共演となった。「2人は20代の頃にフジ系『夢で逢えたら』(1988~1991年)で共演して以来、お互いを『戦友』と認め合う関係。この番組でも『ダウンタウンとウッチャンナンチャンでまた何かやりたい』と語り合い、期待が高まっています」(テレビ局関係者) 番組では「共演するとしたらどこの局か」という話題に。松本は「フジテレビはツメが甘い」「やっぱり日テレかTBSでしょ」と言いながら、こう漏らした。「テレ朝は出れないわけやからな」 ネタとして言ったこの発言だが、テレビ界はざわついた。芸能評論家の三杉武氏が語る。「松本はこれまでも何度か『テレ朝は出禁』などと番組で発言していますが、確かにコンビとしては10年以上出演していない。一説にはかつて吉本がダウンタウンを活かしきれなかったテレ朝に不満を持ったことが理由だと言われていますが、真偽は分かりません。 関係者に動揺が広がったのは、内村も同じような状況だからです。内村は番組で共演した徳永有美アナとの不倫騒動以降、テレ朝への出演がありません。しかし現在は妻である徳永アナが『報ステ』に起用されており、局内には内村復帰待望論が出ていると聞きます。もちろんテレ朝としては松本にも出てもらいたいでしょう。2人が意外性を狙ってあえてテレ朝を選んで共演する可能性もあり得ます」(同前) 出禁説についてテレ朝は「ご指摘のような認識は全くございません」(広報部)とのこと。今度はテレ朝で逢えたら?※週刊ポスト2021年9月17・24日号
2021.09.06 11:00
週刊ポスト
共演した内村と松本
「ウッチャン」「松ちゃん」と呼び合うことに若者が驚く背景
 8月28日と29日に2夜連続で放送されたフジテレビの大型特番『FNSラフ&ミュージック~歌と笑いの祭典~』は、ダウンタウン・松本人志(57)が初日にウッチャンナンチャン・内村光良(57)に電話で急きょ出演をオファー。翌日に内村がサプライズ出演し、7年ぶりの共演を果たすというお笑いファン垂涎の展開となった。 ツイッター上には久々の共演を懐かしむ声が相次いだが、両者の関係を知らない若い視聴者からは「2人がウッチャン、松ちゃんと呼び合うのって新鮮」「仲良かったんだな」といった驚きの声が上がった。「いまや伝説となったフジのバラエティ番組『夢で逢えたら』(1988~91年放送)でともに20代だったダウンタウンとウッチャンナンチャンが共演していたのはもう30年前。お互いが冠番組を持って以降は共演が少なくなったため、若い世代には新鮮なのでしょう。特に内村が『松ちゃん』と呼ぶことに驚いた人が多かったようです。ダウンタウンはウンナンよりデビューが3年早く、学年も1個上ですが、『同期のようなもの』だということで、当時からずっと『ちゃん付け』でタメ口。ウンナンと専門学校の同級生である出川哲朗は、『松本さん』と呼んで敬語を使っていますから、やはりこの2組は特別な関係です。 いまやお笑いの世界で『松ちゃん』と呼ぶ芸人は吉本の同期であるハイヒールらごくわずか。明石家さんまや笑福亭鶴瓶ら先輩芸人は『松本』と呼び捨てにするし、下の世代はどんなに親しくてもみんな『松本さん』。だからなおさら若い世代は内村が『松ちゃん』と呼ぶことに驚いたのでしょう」(芸能関係者) 番組では、2人が携帯にお互いの番号を「松っちゃん」「内っちゃん」という表記で登録していることも明かされた。芸能評論家の三杉武氏は語る。「『夢で逢えたら』当時はダウンタウン、ウッチャンナンチャンともにお笑い好きの間では知られていましたが、お茶の間レベルではブレイク前夜といった状態だった。特にダウンタウンは東京進出しはじめた頃で、お笑いに対してストイックな松本は尖がりまくっていた時期。そんな松本が認めた数少ない同世代のお笑い芸人が内村でした。 それぞれコンビ内ではネタ作り担当。共演するなかで、タイプは違ってもお笑いについての考え方など通じるものを感じたようで、2人はリスペクトし合う仲になった。近年は共演が減りましたが、2009年にTBSの『ドリームマッチ』でコンビを組みコントを披露したことは伝説になっている。今回の特番も、番組演出に松本が絡んでいる可能性も高く、本人の中では企画当初からサプライズで電話をするなら内村と考えていたとみる向きもあります。番組で松本は『ウッチャンナンチャンとダウンタウンで何かやりたい』と踏み込んだ発言をしていた。昔からのファンにとっては懐かしく、若いファンにとっては新鮮で、今後の共演について期待させる絡みでした」 ファンは伝説の番組復活を期待している。
2021.09.03 16:00
NEWSポストセブン
加藤綾子アナ
変わりゆく女子アナの婚活事情 コロナ禍で飲み会減り社内婚が増加?
 加藤綾子アナ(36)の電撃婚が世間を驚かせた。お相手は過去にも別の女子アナと噂になったことがある人物。実は、同じ男性を女子アナたちが奪い合う構図は少なくないようだ。そして、一昔前ほどではないものの、女子アナのプロ野球選手人脈も健在だ。「局が選手に取り入るため、食事の席に女子アナを呼ぶことが交際のきっかけになりやすい。とくにフジはスポーツ番組が強いので出会いも多い。最近も久慈暁子アナ(26)とヤクルトの原樹理(27)の破局が報じられたが、アナウンス室に緊張が走ったのは堤礼実アナ(27)とDeNAの神里和毅(27)が付き合い始めたとき。過去に神里は小澤陽子アナ(29)と付き合っていたとも言われていたからです」(フジ関係者) NHKの桑子真帆アナ(34)とフリーアナウンサーの滝川クリステルアナ(43)も“オトコ”でつながる。「桑子アナの交際相手は、俳優の小澤征悦(47)です。桑子アナは俳優・和田正人(41)の紹介で小澤と知り合い、結婚も近いと言われています。小澤は過去に滝クリや杏(35)との交際が報じられ、滝クリは小澤との破局後に小泉進次郎(40)と結婚した。滝クリも椿原慶子アナ(35)と同様、幅広いセレブ人脈を持っている」(女子アナに詳しいライター) 共演者と恋に落ちるケースもある。「フリーアナの徳永有美アナ(45)の夫・内村光良(56)は、徳永アナの先輩であるテレビ朝日の下平さやかアナ(48)と交際していた過去がある。二人とも深夜の『内村プロデュース』で出会ったのが交際のきっかけでした。2005年に結婚して退社した徳永アナは現在、フリーとして『報道ステーション』のMCを務めていますが、同じ職場で下平アナと働いているというのも時の流れを感じます」(テレビ朝日関係者) 複雑な関係性が垣間見えるが、近年の女子アナ婚活事情は様相が変わりつつある。「日テレの徳島えりかアナ(32)やフジの永島優美アナ(29)が社内結婚しました。最近はコロナで出会いの場となる飲み会も少ないので、社内で結ばれるケースがさらに増えるかもしれません」(前出・テレビ局関係者) 女子アナの婚活模様は、世相を映す鏡なのかも。※週刊ポスト2021年7月2日号
2021.06.20 16:00
週刊ポスト
アスリートや実業家よりも安定?女性アナがお笑い芸人と結婚する理由
アスリートや実業家よりも安定?女性アナがお笑い芸人と結婚する理由
 お笑い芸人と女性アナウンサーの結婚が相次いでいるが、いったいどんな背景があるのだろうか。放送作家でコラムニストの山田美保子さんが、芸人と女性アナウンサーの夫婦について分析する。 * * *関西出身の女性は“お笑い”に理解があり、芸人に対して寛大 4月2日、有吉弘行サン(46才)との結婚を発表した夏目三久サン(36才)がMCを務める『あさチャン!』(TBS系)が9月末で終了することを同局が認めたことが9日、わかりました。でも、同局では『マスターズ』中継によりその日の『あさチャン!』は、お休み。電撃婚のようにいわれていますけれど、すべて計算づくだったんだなぁと。 いずれにせよ、芸能界からも、SNSを通じて一般のかたからも、ここまで結婚を祝福されたカップルというのも近年、思い当たりません。改めまして、有吉サン、夏目サン、ご結婚おめでとうございます! 私が夏目サンに初めて会ったのは、彼女が日本テレビに入社する2007年、3月のことでした。当時、日テレでは入社式で流す明石家さんまサン(65才)からのメッセージVTRを『恋のから騒ぎ』(日本テレビ系)の“さんま愛の説教部屋”セットを使って収録していました。扮装し、ピコピコハンマーを片手にスタンバイしたさんまサンの横の席に座るのは新入社員の女性アナウンサー。その年は夏目サンでした。 すごく覚えているのは、「大阪出身なので“お笑い”が好き」「好きな芸人はチュートリアルの徳井義実サン(45才)」ということ。チュートリアルは前年の『M-1グランプリ2006』(テレビ朝日系)で優勝していたものの、まだ全国区というワケではなく、その「チュート」「徳井クン」の名前を挙げるとは、夏目サン、お目が高いと思いました。余談ですが、その模様は徳井クンに報告させていただきました。彼は、「いや、もう、ほんまにもったいない」と恐縮していましたっけ。 関西出身の女性が“お笑い”に理解があり、芸人に対し、寛大であることは、あの丸川珠代さん(50才)も言っていたこと。『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)共演時、「ねえちゃん、芸人になればよかったのに」と、ビートたけしサン(74才)から言われたことを当時、丸川さんは心から喜び、お母様に電話で報告したそうです。 そんな丸川さんのアナウンサー時代の後輩、徳永有美サン(45才)は、皆さんご存じのとおり、すったもんだの末に内村光良サン(56才)と結婚されました。昔話ばかりで恐縮ですが、ウッチャンといえば、芸人の中でも、もっとも“女子アナ好き”として有名で、ウワサになったのも女子アナばかり。徳永サンとの一件は、周囲を巻き込んで大ごとになりすぎてしまったので、その事実ばかりが目立ちますが、私は、あぁ、ウッチャンは、やっぱり女子アナが大好きだったんだ~と思ったものです。 この文脈で浮かぶのは、キャイ~ンの天野ひろゆきサン(51才)。先日、東海地方の聖火ランナーを務め、その際も抜群の好感度を見せつけた天野っちでしたが、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)出演時、フリーアナウンサーを含め、多くの女性アナウンサーに対し、名指しでファンを公言していた時代がありました。結局、どなたとも成就しなかったのですが、それからしばらく経って、フリーアナウンサーとゴールインされたときは少し尊敬しちゃいました。当時、その女性がテゴマスのおふたりとラジオ番組を担当されていたので大きな話題にもなりましたが、天野サンはその後、奥様となった女性を表には出したがりません。よほど大切にされているのでしょうね。 女性側からみてみると、さまぁ~ずの大竹一樹サン(53才)との8年愛を貫いた元フジテレビの中村仁美サン(41才)がまず浮かびます。中村サンも、もともと大阪のご出身なんですよね。しかも彼女、局アナ時代、多くのお笑い番組やバラエティー番組を担当。制作スタッフや芸人さんたちから「笑いのわかる女子アナ」として本当に信頼されていたのです。 でも、当然のことながら、お笑い芸人さんとのお仕事に不安がなかったワケではない。最初に担当した『深夜戦隊ガリンペロ』(フジテレビ系)で大竹サンが親身になって彼女の相談にのってくれたことで距離が縮まったと聞きます。夏目サンがフリーになって最初に就いた『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)で、有吉サンに助言をもらっていたのと似たパターンですね。 私は以前から、「お笑い芸人は、みんなやさしい」と書いてきました。サービス精神があって、目配りができて、共演者のことをよく知ろうとしてくれて、ボキャブラリーが豊富。長年、仕事をご一緒している明石家さんまサンがまさにこのタイプで、さんまサン=日本一、やさしい人だといまでも思っています。女性アナ妻は公私にわたって「任せておける」しっかり者 こうした事実を誰よりも知っていた中村仁美サンが、陣内智則サン(47才)×松村未央アナ(34才)、おばたのお兄さん(32才)×山崎夕貴アナ(33才)という流れをつくったのではないかと。彼女は、アナウンス部の後輩をはじめ、多くの反対があった際も、「私は応援していました」とおっしゃっていましたから。 TBSでいうと、ナインティナインの矢部浩之サン(49才)と結婚した青木裕子サン(38才)が浮かびます。彼女も『サンデージャポン』(TBS系)で爆笑問題さんに慣らされていた“環境”は大きいでしょう。そして、この流れでいけば、オリエンタルラジオの藤森慎吾サン(38才)と田中みな実サン(34才)のゴールインがあってもおかしくはなかったのですが、うまくはいきませんでした。 交際が公となってから、週刊誌の取材を受けた田中みな実サンのお母様が“職業NG”のような発言をされたとの報道は芸能マスコミでは、結構な話題になったものです。まぁ、無理もありません。 実は中村仁美サンも長年、お父様から反対されていたとの報道がありましたし、夏目サンのお父様は“距離”を置いていらっしゃるようです。 そして、もっとも高いハードルを乗り越えたのは、NHK出身の神田愛花サン(40才)とバナナマンの日村勇紀サン(48才)では? 古巣に遠慮してか、交際時、神田サンは、ほぼ無言でしたから。 ……と、結婚までの経緯はいろいろあったとしても、結婚してからは人気アスリートや青年実業家とのそれよりもいまや“安泰”にみえる芸人との結婚。それでも、過去には自身が笑いのネタにされることを極端に嫌がった女優さんもいらっしゃいましたし、この1年はコロナで営業収入が激減。かつて、いわゆる闇営業問題で「テレビに出ていることが当たり前ではない」と真剣な表情で若手芸人の現状を語っていたのは山崎夕貴アナ。 アキナの秋山賢太サン(37才)を選び、スピード婚で1児の母にもなられたABCの塚本麻里衣アナ(33才)なども、売れっ子芸人さんの嫁たちに比べたら、まだまだ苦労は多いかと思います。 でも多くの芸人さんが言うことには、女性アナウンサーは公私にわたり「任せておける」存在なのだとか。確かに、彼女たちは、ちょっとやそっとのことでは動じず、夫がどうであれ、常に向上心にあふれていて、資格取得などにも本当に熱心なので、イザとなれば、夫を食わせていけるのです。 加えて、「笑いがわかっている」なんて最高にイイ女ではありませんか。お笑い芸人×女性アナウンサーの結婚、これからも増えそうな予感です。構成/山田美保子『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ~テレ)、『アップ!』(同)、『バイキングMORE』(フジテレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)に出演中。CM各賞の審査員も務める。※女性セブン2021年4月29日号
2021.04.16 19:00
女性セブン
東山が見せる””理想のジャニーズとは?(時事通信フォト)
東山紀之が体現する“理想のジャニーズ”、後輩たちへ見せる矜持
 ここまであらゆるテレビ番組に同時期に出たことはなかったのではないだろうか。東山紀之(54才)がこの年末年始、トークからバラエティまで多くの番組に出演している。そこで見せているのは、“理想のジャニーズ”ともいうべき姿だった。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。 * * *「年末から年始にかけて、最もバラエティで見かけるジャニーズ所属タレント」と言えば、東山紀之さんで間違いないでしょう。しかもその出演内容は多岐に渡り、これまで見せなかった姿を次々に披露していることに驚かされます。 2日の『10万円でできるかな&家事ヤロウ!!!』(テレビ朝日系)では、「テレビ初公開」となるスーパーでの買い物姿を見せたほか、ジャニーズきっての料理上手として「10年ぶり」となる料理姿も見せました。 3日の『ウッチャン式』(TBS系)では、初共演となるフワちゃんと2人きりのデート。フワちゃんから呼び捨てにされ、自撮り棒でツンツンされながらも紳士的にエスコートしました。 4日の『アイ・アム・冒険少年 新春4時間SP』(TBS系)では、「無人島からの脱出」に挑戦。泥水をすすり、モリで魚を突き、イカダで脱出を図りました。 その後も5日の『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)、6日の『1周回って知らない話+今夜くらべてみました 合体!初告白連発4時間SP』(日本テレビ系)、7日の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)、8日の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演。さらに10日の『爆買い☆スター恩返し』(フジテレビ系)、12日の『火曜サプライズ』(日本テレビ系)などへの出演も予定されています。 もちろん、「8日公開の主演映画『おとなの事情スマホをのぞいたら』のPR」という目的があるのは間違いありません。しかし、これまでの東山さんならPRという目的だけで、「スーパーで買い物」「フワちゃんとデート」「無人島からの脱出」をするとは思えず、やはりそれなりの思いが感じられるのです。マッチの活動自粛で事実上のトップに その思いとは、ジャニーズ事務所と後輩たちに対するもの。昨年を振り返ると、ジャニーズ事務所は波乱続きでした。中居正広さん、手越祐也さん、山下智久さんが退所。しかも後者2人は不祥事による活動自粛がありましたし、それ以外でも長瀬智也さんの今年3月退所が発表されました。 さらに厳しかったのは、11月の「ジャニーズ事務所のトップ」と言われる近藤真彦さんの不倫報道。当初メディアが忖度で報じなかったこともあって、近藤さんだけでなくジャニーズ事務所も批判にさらされてしまいました。 また、近藤さんが無期限活動自粛に入ったことで、現在の事実上のトップは東山さんにスライド。昨年末で嵐が活動休止し、少年隊の盟友である錦織一清さんと植草克秀さんが退所したほか、King & Prince、SixTONES、Snow Man、なにわ男子、美少年、HiHi Jetsら次世代を担う若手が台頭しつつある今だからこそ、トップとしてあるべき姿を示しているように見えるのです。 実際、このところの東山さんは後輩たちを思いやり、胸を貸すようなシーンを次々に見せてきました。『アイ・アム・冒険少年』では、「気になっている後輩」に、なにわ男子の名を挙げ、「大阪まで見に行った」「上手でどうやって育っていくか楽しみ」などと励みになるようなコメントを連発。さらにA.B.C-Z・河合郁人さんのリクエストに応えて少年隊の名曲「仮面舞踏会」でダンス共演するシーンもありました。『1周回って知らない話』では、後輩たちの素朴な質問に答えたほか、Snow Man、HiHi Jetsメンバーへのドッキリ企画を実行。昨年末の『嵐にしやがれ 最終回』(日本テレビ系)でも「嵐とやりたいこと」を聞かれて、「思い出を語り合いたい」「一緒に歌って踊りたい」を挙げたほか、表彰状を贈ってフィナーレに花を添えるなど、後輩ジャニーズたちとの共演を重ねています。 東山さんは後輩ジャニーズ絡み以外でも、『人生最高レストラン』(TBS系)で思い出の飲食店を紹介したり、『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)で退所した中居正広さんとの共演を実現させたり、『ウッチャン式』で女性のスマートなエスコート方法を見せたり、『おしゃれイズム』(日本テレビ系)で妻子のエピソードを話したり、『そんなコト考えた事なかったクイズ!トリニクって何の肉!?』(ABC・テレビ朝日系)でクイズ解答者の振る舞いを見せたりなど、ジャニーズとしてのお手本となるような姿を見せ続けています。嵐への表彰状に書かれた最後の言葉 東山さんが見せるトップとしてのカリスマ性は、ジャニーズらしいスマートな振る舞いだけでなく、迷いのない発言によって高まっています。 たとえば最近の発言を見ても、『1周回って知らない話』で「ジャニーズを辞めたいと思ったことは?」と聞かれて、「考えたことはない。他に行かなくてもここで新しい道を作ればいい」。『おしゃれイズム』で「ジャニーズ事務所を退所した人との関係は?」と聞かれて、「僕らの関係性が崩れることはない」。『アイ・アム・冒険少年』で「ダンスのうまいジャニーズは?」と聞かれて、「1位は錦織、2位はオレ、3位は(植草)カッちゃん。(少年隊は)超えられないと思う」。いずれもきっぱり断言していましたが、これらの発言こそジャニーズトップとしての矜持ではないでしょうか。 そもそも東山さんは54歳にして現役バリバリでありながら、1993年の『琉球の風』でジャニーズ初の大河ドラマ主演を飾り、23年連続公演の『PLAYZONE』でジャニーズミュージカルの先駆者となったレジェンド。嵐に贈った表彰状の最後に、「代表 東山紀之」と書かれていたことからも、「ジャニーズのトップは俺なんだ」という覚悟が感じられます。また、東山さんがトップとしての姿を見せることで、SMAPの解散騒動が起きた約4年前から批判にさらされることの多かったジャニーズのイメージ回復にもつながるでしょう。 東山さんはプライベートでも、年齢の近い後輩だけでなく、「交流を持たせてもらってありがたい」と語るように若手との交流も積極的。年始の番組でも、A.B.C-Zのメンバーや岸優太さんら本人が「東山さんのお宅にお邪魔しました」と気軽にエピソードトークをしていましたが、その他でも河合郁人さんによる東山さんのモノマネを自らセルフカバーするなど、懐の深さを見せています。 そんな「理想の上司」と言える東山さんの存在が、ジャニーズ事務所にSMAPや嵐に次ぐ国民的グループをもたらすのかもしれません。【木村隆志】コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月30本前後のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演し、番組への情報提供も行っている。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。
2021.01.09 06:00
NEWSポストセブン
バラエティからドラマなど出演の多いウッチャン
竹内涼真、内村光良、純烈、「本人役」ドラマなぜ増える?
 この秋、新しい連続ドラマが続々とスタートしているが、その中で増えている趣向のドラマがある。それは俳優やタレントが本人役で登場するケースだ。いったいなぜ増えているのか? コラムニストのペリー荻野さんが分析する。  * * * 最近、俳優・タレントが「本人役」でドラマに主演したり、ゲスト出演する例が目立つ。この秋スタートのFOD『純烈ものがたり』には純烈の4人がドラマ初主演、WOWOWオリジナルドラマ『竹内涼真の撮休』ではタイトル通りに竹内涼真が主演、テレビ東京で放送中の『あのコの夢を見たんです。』には、原作者の山里亮太が妄想した中条あやみ、芳根京子、森七菜ら実在のモデル・女優たちがそのままの役名で毎回出演。 12月にはNHK『LIFE』のスピンオフ企画で内村光良の自伝が夜の連続テレビ小説として朝ドラ風に15分ずつのオムニバスコメディードラマになり、第1話の少年期と第2話の青年期に内村は自身の父親役、第3話には自身の役で登場するという。なぜ、「本人役」出演が増えたのか? ひとつは本人役ならば、視聴者に予備知識があって、キャラクター説明に時間を費やす必要がないということがある。どんなドラマでも、その役柄がどんな性格でどんな家族構成でという説明時間が必要になる。登場人物が多いドラマだと、初回はほとんど顔見世で終わりということにもなる。しかし、本人ドラマならばいきなりストーリーに突入可能。とんとんと話が進めるというものだ。 また、本人役ゲストのオーラがドラマを輝かせる効果もある。7月に最終回となった『BG~身辺警護人~』で木村拓哉が最後に警護したのは、市川海老蔵ご本人。前作には矢沢永吉も出演している。大物ふたりがシリーズを華麗に彩ったのだ。木村拓哉も田村正和の人気ドラマ『古畑任三郎』にSMAPとして出演し、大いに話題を集めたこともあった。 さらに「どこまで素なのか?」「アドリブ?」と見つめる楽しみがある。本人ドラマの成功例『バイプレイヤーズ』は、大杉漣、松重豊、光石研、遠藤憲一、田口トモロヲ、寺島進らのセリフや困惑顔がリアルで、シェアハウスにいたり、無人島にいたりとストーリーがあるにも関わらず、ついつい引き込まれてしまう面白さがあった。ドキュメンタリードラマ、モキュメンタリーとされる『山田孝之の東京都北区赤羽』や『山田孝之のカンヌ映画祭』に至っては、「どこまでが素?」どころか、あまりにそのまんまで、こういうドラマもあるのだとびっくりしたものだ。「本人ドラマ」といってもいろいろなタイプがあるが、『純烈ものがたり』は、予想通り(?)のほのぼの路線。デビュー10周年の記念ライブが配信となり、ちょっと寂し気なメンバーだが、どうやらメンバーには「秘密」があるらしい。頑張り屋のマネージャー(松下由樹)は、「やっぱりあやしい」とメガネを光らせる…。 制作発表で4人は、歌ではメンバーと視線を合わせたりしないので、向き合って芝居をするドラマは恥ずかしかったと語っていたが、その言葉通り、その演技には微妙にテレた感じもにじみでる。特に演技経験ゼロの後上翔太は本人曰く『はじめてのおつかい』状態だとか。本人なのに本人の演技をする危なっかしさに心をくすぐられる。本人ドラマには、こんなタイプもあるんですな。
2020.10.14 07:00
NEWSポストセブン
aa
ずん飯尾和樹が語る 内村光良と舘ひろしの優しさエピソード
 芸歴29年にして、現在CM4本に出演。お笑いコンビ「ずん」の飯尾和樹(51才)が大ブレイク中だ。自然体な姿勢から「いい人」という評価を受ける飯尾だが、これまで多くの芸人や俳優と仕事をしてきた彼が思う「いい男」とは、どんな人物なのだろう。「この前、出川哲朗さんや堀内健ちゃんとかと話していたんですけど。まぁ、かっこいい芸人のエピソードはたくさんありますね。なかでも、内村光良さんはすごい。キャイ〜ンのウドちゃんは、『ウリナリ!!』(日本テレビ系)の頃から弟子みたいなもんですが、怒られたことがないって」(飯尾・以下同) と、ここで水を飲み…。「ぼくも、15年ほど前、『内村プロデュース』(テレビ朝日系)という番組に出させてもらってた流れで、内村監督の『ピーナッツ』という映画にも出させてもらったんですけど。厚木(神奈川)の山奥の球場が撮影場所で、前日が土砂降り。朝5時半くらいに現場に行ったらビチャビチャで、助監督やスタッフが総出でグラウンド補修しているんですよ。 それで、『手伝いましょうか』って聞いたら『いや、演者さんはスタンバイしておいてください』と言われて、みんなでベラベラとトークしていたら、内村さんがすーっといなくなって、しばらくしてふとグラウンドを見たら、内村さんも補修に加わっていたんですよ! みんな『あっ、ヤバ』って急いで手伝いに行きましたが。本当に人に優しく自分に厳しく、背中で伝える人。かっこいいんですよね」 すごいスピードで淡々と話すのだが、そそくさと手伝いに行く彼らの姿がありありと目に浮かび、内村への熱い思いが伝わってくる。 最近、総務省『マイナポイント事業』のCMで共演した舘ひろしも印象的だったという。「現場入りのとき、舘さんは深々と頭を下げて『お世話になります。よろしくお願いします』(と飯尾は立ち上がり、マネをして…)って、甲子園の高校球児みたいにあいさつするんです。もちろん、帰るときも『お疲れ様でした』とていねいなお辞儀をして。 持参したコーヒーを入れてくれたり、『3行以上のせりふは覚えられない』とか冗談を言ってぼくの緊張をほぐしてくれたり、監督からの要求には、すべて『OK、やりましょう』ってどんなことでもやるんです。すごいスターなのにめちゃくちゃ腰が低い。そして優しくて、気さくで、おもしろいんです」【プロフィール】飯尾和樹/いいおかずき 1968年12月22日生まれ。東京都出身。浅井企画に所属し、お笑いコンビ「チャマーず」、「La.おかき」(ラ・おかき)を経て、2000年にやすと「ずん」を結成。自宅では家事を分担し、気分転換に料理は7~8割担当している。好きな料理はカツカレー。嫌いな食べ物はカリフラワー。趣味はゴルフ、料理、物件選び。エッセイ『どのみちぺっこり』(PARCO出版)発売中。撮影/森浩司※女性セブン2020年9月17日号
2020.09.06 07:00
女性セブン
イモトアヤコ、新居巣ごもり姿 イッテQ!はロケ困難で試練
イモトアヤコ、新居巣ごもり姿 イッテQ!はロケ困難で試練
 5月中旬の午後3時過ぎ、人出の少ない時間を選んだのか都内のスーパーにイモトアヤコ(34才)が現れた。髪はきっちりまとめ、帽子にマスクの完全防備。余計な接触をしないよう慎重に食材をかごに入れていく。新婚半年の妻の買い出しの様子とは到底思えない警戒ぶりだ。 自宅からスーパーまで徒歩10分の距離だが、車で移動。寄り道はせず、しっかり直帰。帰宅先は、以前住んでいた芸能人が多く住む高級マンションではなく、瀟洒なビンテージマンションだった。「つい最近、こちらに引っ越してこられたようですよ。コロナ最中で荷物の移動も大変だったみたい。ご主人の出勤姿は時折見かけますが、イモトさんは全然見ない。ほとんど外出してないんじゃないかしら」(近所の住人) イモトが『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)のディレクター・石崎史郎さん(42才)と結婚を発表したのは昨年11月。披露宴もせず、別居のまま結婚生活をスタートさせた。「なかなかいい物件がなかったのですが、知人の持ち物でちょうどいい部屋が見つかり、借りることになったそうです。以前の自宅よりもかなり広くなり、おかげでテレビやラジオへのリモート出演へもスムーズに対応できているみたいですね」(テレビ局関係者) しかし冒頭の通り、イモトは超厳戒生活を送る。買い物は週に1度まとめて。出先でも帰宅後もアルコール消毒を徹底。海外ロケで見せていた「虫もそのまま口にする」イモトとはまったく違うスタイルを貫いているという。「コロナ禍で『イッテQ』はテレビ業界の中でもいちばん厳しい状況が続いていました。3月下旬に森三中の黒沢かずこさん(41才)が発症。さらに内村光良さん(55才)の妻・徳永有美アナ(44才)も(感染者を出した)報道ステーション(テレビ朝日系)の出演者であったため濃厚接触者に。3月下旬の時点ではたいていの番組が収録を続行していましたが、『イッテQ』は断念せざるを得なかった。ロケができないと成立しない番組ですから、このままだと存続自体が危ない。イモトさんの卒業の噂もそんなところから出たんだと思います。イモト夫妻は誰よりも『イッテQ』のことを考えていますから、とにかく徹底防御しているんでしょう」(番組関係者) 過去にイモトが旅をしてきた「世界の果て」のアフリカや南米は、いままさにコロナパンデミックの最中。たとえばブラジルでは、大統領が新型コロナを軽視して適切な対応を取らず、感染者数が世界第3位にまで急増。アフリカでも、短期間で感染者が10万人を超えた。 さらに、レギュラーのNEWS手越祐也(32才)は、無期限活動休止となってしまった。「緊急事態宣言解除でドラマロケなどは再開し始めたようですが、『イッテQ』はそう簡単にはいきません。海外ロケの再開を目指すためにもいまが正念場です」(同前) 徹底した自粛生活を送るしっかり者のイモトより、珍獣と闘うイモトが見たい。※女性セブン2020年6月11日号
2020.05.27 15:55
女性セブン
ポカリCMで話題の汐谷友希、次の夢は『LIFE!』への出演
ポカリCMで話題の汐谷友希、次の夢は『LIFE!』への出演
 綾瀬はるかや川口春奈らを輩出し、若手女優の登竜門となった「ポカリスエット」のCMにオーディションで選ばれ4月から出演中の新星女優・汐谷友希は、まだ15歳だ。今後ブレイク間違いなしと言われる彼女に、CMへの思いを聞いた。「ポカリスエットは憧れのCMでした。撮影がはじまって一口飲んだ時にやっと実感することができました。『NEO合唱』篇は家の中を歩き回りながら、自分自身で撮影しました。少し恥ずかしかったですが、自撮りもたまにするので頑張って撮りました(笑い)」 初仕事は、昨年秋の「東京ガールズコレクション」への出演。現在は湖池屋「プライドポテト」のCMにも出演中だ。「将来は存在感のある女優になりたいです。憧れのCMに出る夢が1つ叶ったので、NHKの『LIFE! ~人生に捧げるコント~』(内村光良が中心の番組)に出ることが次の夢です!」◆大塚製薬「ポカリスエット」CM 汐谷ら高校生たちの自撮り映像をつないだ「NEO合唱」篇、空と海をバックにした「渇きを力に変えてゆく。」篇が放映中。【プロフィール】しおや・ゆき/2004年生まれ、静岡県出身。早稲田アカデミーのブランドムービーにも出演中。◆取材・文/高倉文紀※週刊ポスト2020年5月22・29日号
2020.05.13 07:00
週刊ポスト
報ステで感染「濃厚接触者の濃厚接触者」内村光良どうなる?
報ステで感染「濃厚接触者の濃厚接触者」内村光良どうなる?
 職場に感染者が出て自宅待機に。ではその家族はどれだけのリスクが? テレビ朝日の事例で新たな問題が浮上している。『報道ステーション』(テレビ朝日系)のMC・富川悠太アナ(43)を含むスタッフ3人の新型コロナ感染を受けて、テレ朝本社が完全封鎖された(4月17~19日)。 感染者の1人はフリーアナ・赤江珠緒(45)の夫だ。感染発覚前の13日、赤江アナはレギュラーのラジオ番組を欠席。電話出演で、「夫は38度5分ぐらいの熱が続いている」と明かしていた。その後、赤江アナも陽性が判明。 この事態を受けて、テレビ局スタッフの間で話題になったのが、富川アナの濃厚接触者の疑いがあるとして自宅待機中の『報ステ』MC・徳永有美アナ(44)の夫・内村光良(55)だった。「『濃厚接触者の濃厚接触者』をどうするか、という問題です。徳永アナは発熱等の症状はないという話ですが、新型コロナの潜伏期間は2週間とも言われている。赤江アナが夫の陽性発覚前に休んだのなら、内村さんはどうするんだという話になった」(キー局スタッフ) 内村は『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)や『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)を始め、6本のレギュラーを持つ。「現在、各局はバラエティ番組の収録を中断していますが、局によっては4月下旬から最少人数での収録再開も視野に入れている。しかし、内村さんが仮に出られない事態となれば収録はまた止まってしまう」(同前) この「濃厚接触者の濃厚接触者」について、東京都では健康観察や自宅待機指示など、何か取り決めがあるのか。感染症対策を担当する都の福祉保健局に聞いた。「結論から言えば、ありません。例えば妻が濃厚接触者となった場合、保健所による2週間の健康観察が実施されますが、夫は観察対象にならない。『濃厚接触者の濃厚接触者』には、マスクや手洗いなど通常の予防策を徹底してくださいとしか言えないのが現状です」(健康安全部) ウッチャン夫婦が“スカッと”出演する日はいつになるか。※週刊ポスト2020年5月1日号
2020.04.19 16:00
週刊ポスト
岡村隆史はラジオで「正しくない発言」をして非難を浴びた
チコちゃん、大河で活躍の岡村隆史 「紅白司会」の現実味は
 3月下旬、アディダスの上下のジャージ姿でラジオ局を出てきたのは、今年50才を迎えるナインティナインの岡村隆史だ。駐車場に止めていた真っ白なポルシェに乗ると、ビル街に大きなエンジン音を響かせて走り去っていった。そんな岡村が、早くも「NHK紅白歌合戦の総合司会内定か」と騒がれ、話題になっている。 まだ大晦日まで9か月もあるのに複数のメディアで報じられた岡村の“総合司会説”。岡村が注目されている最大の理由は、NHKが重視する「同局への貢献度」だ。 まず何と言っても、金曜夜のバラエティー番組『チコちゃんに叱られる!』。MCの岡村と5才の少女の着ぐるみ「チコちゃん」の軽妙なやりとりで、世の中の素朴な疑問を解説していく番組は大人から子供まで楽しめる構成で人気が高まった。昨年の紅白にも2人でゲスト出演。いまやNHKの“看板番組”に成長している。 さらに岡村はNHK大河ドラマ『麒麟がくる』にもレギュラー出演中。農民のフリをする忍び役で、物語のカギを握る1人として活躍している。NHK関係者が語る。「3年連続で総合司会を務めた内村光良さん(55才)は、評判が良かったのですが、昨年に視聴率が大きく下がった。それは内村さんのせいではないが、マンネリ打破のためにも交代時期としてはベスト。白組司会は、今年の大晦日で活動休止予定となっている嵐で鉄板だが、総合司会は必ず変わるでしょう」 そんなタイミングで、同局で存在感が高まっている岡村に白羽の矢が立ったようなのだ。ただし、当の岡村は自身がMCを務めるラジオ『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』で「声を大にしていいます。(オファーは)来てません。こんなん、ぬか喜びですよ」と否定。一方で、「連絡だけはNHKさんと取るようにしてね。何が起こるかわからへんから」とまんざらでもない思いも漏らした。 ある老舗芸能事務所マネジャーは「NHKが、春から候補者のスケジュールを探ることはあります。ただ、NHKは情報が早い段階で漏れると入れ替えたりもする」と語る。 視聴者としては、岡村が大晦日に“ボーッと”してない名司会ぶりを見せてくれることを期待したい。
2020.04.17 16:00
NEWSポストセブン

トピックス

ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
SNSでも話題の「佐賀大学お嬢様部」に直撃
佐賀大学“お嬢様部”の活動実態を直撃取材!「お嬢様の定義をお教えしますわ」
週刊ポスト
1980年、田中派の総会で挨拶をする田中角栄(写真/共同通信社)
鉄の結束を誇った田中角栄軍団、「みんな田中ファン」指導力に心酔した議員や秘書たち
週刊ポスト
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト