• TOP
  • ライフ
  • 【書評】現在の日本文学が全盛期であるということが分かる書

ライフ

2015.07.23 07:00  週刊ポスト

【書評】現在の日本文学が全盛期であるということが分かる書

【書評】『日本文学100年の名作第10巻 2004-2013 バタフライ 和文タイプ事務所』/池内紀・川本三郎・松田哲夫 編/新潮文庫/890円+税

【評者】嵐山光三郎(作家)

 池内紀・川本三郎・松田哲夫編の「日本文学100年の名作」全10巻シリーズはこれにて完結。第10巻に収録されたのは2004~2013年に発表された16編で、巻末に選者による「読みどころ」解説がついている。どの短編も初めて読むものばかりだった。

 で、わかったのは、現在の日本文学が全盛期であるということだった。表題作「バタフライ和文タイプ事務所」(小川洋子)は、和文タイプ事務所へ新入りタイピストとして入社した「私」の物語。広い活字盤の中から一つの文字を探す手の動きが、花の蜜を求めて飛ぶ蝶のように見える。

 事務所の三階にある診療所待合室のような小部屋へ欠けた活字を持っていくと新らしい活字を出してくれる。「糜爛(びらん)」の糜の字であった。淫靡の靡。姿が見えない活字管理人の指は細く、爪までが鉛色に変色していた。つぎに壊れたのは睾丸の睾の字。タイプで打つのは医学論文だから、こういう字が酷使されて、磨耗している。活字管理人に興味を持った「私」はわざと活字を欠いて届ける。さて、それはいかなる字であるか。

 わっ、エロだなあ。活字に欲情して精神が勃起する。なるほど、こういう手があったか。これは平成を代表する短編小説の傑作である。じっくりと再読して、小川洋子の才能に目がくらんだ。

 桐野夏生「アンボス・ムンドス」は女子小学生の嘘が女性教師を翻弄する。怖いですよ。心臓に金属の定規を当てられたようでズキンとくる。さぐりあてた真相の奥にもうひとつの真相がある。

 三浦しをん「冬の一等星」は八歳のときに誘拐された少女の記憶。誘拐するつもりはなかったのに偶然「誘拐」になってしまう。少女と犯人は高速道路の夜のサービスエリアでうさぎ座の星を見る。

 女性作家のパワーが強力で、活字の官能に溺れ、女子小学生の嘘におびえ、少女と一緒に夜の星を見た。文庫本一冊で物語のシャワーを浴び、びしょびしょに濡れた。濡れた指のまま、この感想文を書いております。

※週刊ポスト2015年7月31日号

関連記事

トピックス