芸能

なべやかん ネット上のたけし美談を「あんなのは嘘」と否定

たけし美談をキッパリ否定したなべやかん

「あれはまったく嘘の美談です」

 タレントのなべやかん(44才)が、ネットに広まっている師匠・ビートたけしの男気あふれる美談についてキッパリ否定した。

 一部のネットニュースで報じられていたのは、以下のような話だった。

 なべが、某老舗高級ホテルを会場に、招待客600人の披露宴を計画した。それをたけしに伝えると、「売れない芸人が、そんな生意気するんじゃない。キャンセルしろ」と一喝。なべは招待客を100人に減らし、別会場を手配。しかし、高級ホテルのキャンセル料は、新たにかかった披露宴費用の倍の料金に。たけしが「俺が払うっての」と全額払った――

 ネットでは「男気ありすぎですね。かっこいい」「いい話だな」という声が上がり、SNSを通じて一気に広まった。好意的な反応が多く、“弟子思いのたけし”というイメージを補強する、けっこういいエピソードになっていたのだが、なべは当サイトの取材にこう語るのだ。

「だって600人ですよ。普通に考えたら、大人でひとり3万円ぐらいかかるでしょ。単純計算で1800万円ですよね、それに会場費とかもろもろ入れたら2000万円規模の披露宴ですよ。ぼくができるわけないじゃないですか。それでキャンセル料半分とられて1000万円じゃないですか。1000万円払うなら、祝儀くれって話ですからね。あんなの嘘ですよ」

 では、真相は?

「初めから100人規模の池袋の会場を決めていたんですよ。で、たけしさんに報告したら、たけしさんが“おおそうか”って、マネジャーに“行けるか?”って確認して、“じゃ行くからな”って。ただそれだけ。それ以上の話はありませんよ」

 同じくたけしの美談では2年前、グレート義太夫が否定したことがある。1986年のフライデー襲撃事件の直後、たけしが謹慎していた間、たけしの家族とたけし軍団の生活費を志村けんが面倒を見ていたというもの。これについて義太夫が「そんな話し1度も聞いた事無い」とツイッターで完全否定した。

 ネットでは数多くの芸人の美談が転がっている。昨年10月放送の『水曜日のダウンタウン』では、さまざまなネット美談を検証。江頭2:50、ダウンタウンらの美談がまったく根拠のないデマだったことが判明した。こうした美談には出所不明のものが多く、SNSを通じてシェアされ拡散され続けているのだからやっかいだ。

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン