芸能

又吉受賞に島田洋七「がばいばあちゃんも小説にしとけば…」

 芥川賞を受賞したお笑いコンビ・ピースの又吉直樹(35)は無類の本好きとして知られている。週に10冊は読み、これまで読んだ本は約2000冊とも語っている。

 これほどの読書家がお笑いを志し、お笑いをテーマにした小説を書いた。『火花』の受賞を誰よりも喜んでいるのは、仲間である芸人たちだ。

 ビートたけしは、7月18日放送の「ニュースキャスター」(TBS系)で、「お笑い芸人は何もないところからお笑い(ネタ)をつくっていく人たちばっかりなんだから」と芸人の資質が作家としての成功に繋がったと評価し、爆笑問題の太田光も、「太宰超えかっ!でも確かに『火花』は文句なしの名作!」と絶賛している。

 しかし『火花』が100万部超えとはいえ、上には上がいる。芸人としてだけでなく、作家としても大先輩の島田洋七から、こんな有り難いお言葉を頂戴した。

「お笑いに学歴や学校の勉強はいらんと。でもお笑いで売れよう思ったら本読んだり努力するし、そういうことが世間に分かってもらえて嬉しかったね、おめでとう。

 ただ、俺の『佐賀のがばいばあちゃん』は自伝だから、子供の頃を思い出してギャグを散りばめて書いたけど、いま思えば、『小説』っていうことにしとけば、俺も何か賞をもらえたかもしれない。惜しいことしたな(笑い)」

 400万部も売れたのに、なんと強欲な!

※週刊ポスト2015年8月7日号

関連記事

トピックス

綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
フィリピンのマニラ首都圏にあるビクタン収容所(AFP=時事)
【ルフィ強盗事件】賄賂が横行するフィリピン 入管も警察も金次第でどうにでもなる実態
NEWSポストセブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
中居
完全復帰の中居正広が支持される理由 素晴らしい人柄とプロデュース力
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン