• TOP
  • 芸能
  • 猫ひろし語る手抜き大会事情 距離45km、20分早くスタートも

芸能

2015.09.05 07:00  NEWSポストセブン

猫ひろし語る手抜き大会事情 距離45km、20分早くスタートも

カンボジアの大会の手抜き事情について語った猫ひろし

 芸人でありながらオリンピックを目指し、4年前にカンボジア国籍を取得して話題となった猫ひろし(38才)。日本とカンボジアを行き来している猫ひろしに、カンボジアのマラソン大会での手抜き大会事情、今年6月の大会で浮上した陰謀説などについて語ってもらった。

――猫さんはマラソンランナーとしても有名ですけど、ランナーと芸人、どちらのウエイトが高いのでしょうか?

猫:足が速い芸人というスタンスでやっています。レギュラーのライブなどで、月に7、8本お笑いライブに出ていますよ。でも8割方、マラソンの仕事ですね(笑い)。ぼくの子供が4才で、パパは人前に出る仕事だとわかってきたんですけど、テレビではだいたい走ってるし、家でも走りに行っているので、ランナーだと思っていますね。

――最近、お笑いのネタを作ってますか?

猫:作ってますよ! 1日5個くらい作ってるので、相当の数になってます。1兆個くらいはあるかな。使えるのは30個くらいなんですけど(笑い)。

――カンボジア語は、どれくらいできますか?

猫:日常会話はできますよ。「チョムリアプ スーア。クニョム チュモ チュマ ヒロシ(こんにちは。ぼくは猫ひろしです)」。喋るのはできるんです、耳から入るから。でも読み書きが難しくて、毎日空き時間に勉強しています。カンボジアの子供が見たら笑われるくらいのレベルです。

――日本とカンボジアは、どれくらいの割合で住んでいるんですか?

関連記事

トピックス