• TOP
  • ライフ
  • 料理が得意と嘘つき結婚した女性 デパ地下総菜で15年乗り切る

ライフ

2015.09.14 16:00  女性セブン

料理が得意と嘘つき結婚した女性 デパ地下総菜で15年乗り切る

 小さな嘘が、人生を変えることもある。女性のちょっとした嘘が、自分だけではなく周りの人たちを巻き込んだ3つのエピソードを紹介する。

 都内在住の主婦・A子(35才)の「人生最大の嘘」は、独身時代、妻帯者とつきあっていたときに、「あなたの子供ができた」と告げたこと。妊娠中の友人に妊娠検査薬を使ってもらい、見た目も鮮やかな「陽性反応」を男に写メで突き付けた。

「ビビリまくった相手は直接会って確かめることもせず、中絶費用プラスαを偽名で振り込んでくれました。彼にはウンザリしていたので、交際解消と手切れ金をゲットできて一石二鳥でした」(A子)

 千葉県在住の主婦・B美(40才)は、独身時代にイケメンエリートとお見合いした際、気に入られたい一心で「何よりも料理が得意」と必死にアピール。しかし、実は味噌汁すらまともに作れなかった。運よく結婚に漕ぎ着けたが、ヒヤヒヤの毎日だという。

「毎食、デパ地下やお総菜、レトルトにインスタント食品をフル活用して手作りに見せかけています。これで15年乗り切ったけど、どこまで続けられるか…」(B美)

 都内在住の主婦・C子(52才)は学生時代、裕福でイケメンの先輩をロックオン。先輩の卒業式の追い出しコンパの晩、酔ったフリをして自室に連れ込んで関係を持った。

 その後、新卒社員となった先輩に「妊娠した」と連絡。彼は男らしく、「責任をとらなきゃいけない。お前が卒業したら結婚する」と宣言した。

「実はその妊娠話、彼のことがどうしても忘れられずついた嘘なんです。途中で“流産した”と言っても彼は疑いませんでした」(C子)

 その彼は今のC子の夫だ。結婚後に子宝に恵まれなかったC子は、夫が時折「あの時の子供がいたら、おれたちにも孫がいたかなぁ」とつぶやくたびに良心がチクッと疼く。

※女性セブン2015年9月24日号

関連記事

トピックス