ライフ

ダイエットや美肌、不眠症に効果ありと注目の「へそ美容」

 風が冷たくなってきた夜の帰り道、「今日はゆっくり湯船に浸かろう」と思ったあなた。“温めるツボ”を押さえれば、きれいになれるチャンスがあることをご存じだろうか? そのツボとは、おへそ。今、「へそ美容」は、シンガポールや台湾など海外で注目されている最新美容法なのだ。

 薬剤師で国際中医師の大久保愛さんが解説する。

「おへその周りにはツボが集中していて、おへそを温めることで周りのツボが刺激されます。また、おへそが温まることで、臓器が温まるので、便秘、ホルモンバランスの乱れ、むくみなど体の不調が改善されやすい。ダイエットや美肌効果もあります」

 昔から東洋医学では「へそには神が宿る」大切な場所とされてきた。

「特に、東洋人は胃腸が欧米人より弱いといわれていて、漢方の治療でも日本人はまず胃腸の状態をよくすることから始めます。お腹まわりが冷えると胃腸の働きが止まるので、昔からおへそ周辺を温めるなどして体の機能を整えてきました」(大久保さん、以下「」内同)

 へその内側には胃、肝臓、腸、子宮などの臓器があり、へそが冷えるとそれらの機能が低下してしまう。例えば腸が冷えれば便秘や肌荒れ、胃が冷えれば胃もたれ、子宮が冷えればホルモンバランスが乱れるなど、さまざまな不調が表れる。それらを解消するのが、へそ美容なのだ。

「おへそから体全体が冷え、血行不良になり冷え症になってしまう。また、血流が悪くなると体がむくみ、基礎代謝も下がるので、太りやすくなる。体温が1℃下がると基礎代謝が12%下がるというデータもあります。おへそを温めて代謝を上げれば、痩せやすい体になるのです」

 温め方にコツはあるのか。大久保さんのオススメは、使い捨てカイロだ。

「タオルなどで包んで温めましょう。これからの季節だと湯たんぽもいいですね。時間が空いたときにおへその上に手を置いて、そっとなでて温めてあげるだけでも大丈夫です。寝る前にお腹に手を置いて温めると、胃腸が動いて副交感神経が優位になるからリラックス効果が出て、不眠解消にもつながります」

 へそまわりには8つのツボがあり、それぞれ効果が違う。おへそから指3本分の両サイドにある“天枢”は便秘、おへそから指1本分上にある“水分”は代謝を上げてむくみ解消に効果的など、自分にあったツボを温めよう。

「不調だと感じる機能、よくなりたいと思う機能に効果的なツボを温める、もしくは軽く押すことで効果が出ます」

※女性セブン2015年10月8日号

関連記事

トピックス

悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト