• TOP
  • 芸能
  • 内野聖陽 オフの過ごし方や再婚等プライベートについて語る

芸能

2015.10.03 07:00  女性セブン

内野聖陽 オフの過ごし方や再婚等プライベートについて語る

内野聖陽の十八番は『およげ!たいやきくん』

 映画『罪の余白』で、娘を亡くした父親を熱演している俳優・内野聖陽さん(47才)。内野さん扮する安藤聡と、娘の死の真相にかかわりのある娘のクラスメート・咲(吉本実憂)の心理戦が見どころ。吉本演じる恐ろしい女子高生に翻弄され、苦悩する父親に引き込まれます! 劇中ではそんな姿を見せる内野さんですが、普段はどんな男性なのでしょうか?
(取材・文/活動屋映子)

―─月並みですみませんが、俳優にならなかったらどうしていたと思いますか?

「う~ん、なんでしょうね。いずれにしろ、ものを表現する職業に就きたいとは思ってましたけどね」

―─役に入っていないときは、どんな感じなんですか?

「目標を失ったダメな自分ですね。糸が切れたタコ(笑い)」

―─どっかへ飛んでっちゃう?

「いやいや。飛んではいかない。ボーっとしながら、こんな時間も大切かな、と思うことにしています」

―─実際はそんな時間もなく、スケジュールが詰まっているそうですね。

「あ、ぼくは不器用なんで、仕事が重なることは絶対にしないんです。一作を完全に終えてから次へ行くように。でないと、役の造形が浅くなっちゃうんで。その点、舞台はいいんですよね。稽古期間が必ずあるんで。ところが無理やりにねじ込んでくるのもあって…(笑い)」

―─仕事のない日は何をしているんですか?

「よく聞かれますけど、趣味もあんまりないですね。最近は…自転車、自分でこがないやつね(と、目がキラリ)」

―─誰かに乗せてもらう?

「ぷっふぁ、電動アシストですよ。坂道がやたら楽なんです」

―─ああ、お年寄りがよく坂道で追い抜いていく、アレですね!

「いやいや、お年寄りだけじゃなくて、かっこいいですよ!!(笑い)。最近はママチャリだって進化しているんです。すごいパワーで。電動もね、いろんな種類があって。パーツごとに好きなの選んでカスタム仕様にできるんです。グリップもタイヤの色まで変えられるから、必要以上にお金かけて…(笑い)」

―─で、突っ走るわけですか?

「24kmぐらいしか出ませんよ。それ以外はアシストしないもの」

―─ビールがお好きだとおっしゃってましたが、飲むとカラオケも?

「カラオケは好きじゃないですね。無理やり歌わされるのが、イヤなんですよ。仕方ないから昔のアニメソングとか歌いますけどね。で、心にもない拍手をもらうとか、ガンガンがなるように歌うやつとか、下手くそなのにもつきあわされて。飲んだ後に行くカラオケ・コミュニケーションが嫌いなんですよ。しっぽり歌うのはいいんですけどね」

―─あははは(率直な物言いに思わず)。ちなみに昔のアニメソングって?

「十八番は『およげ!たいやきくん』。あはは、たいやきくん、しっぽり歌われても、ですよ、あはは」

 どんな問いかけにも即座に返してくれ、ユーモアがあって、あらためてなんていいんでしょ!とうっとり。

―─プライバシーに踏み込みますが、今はおひとりですよね。

「ご存じのとおりバツイチです」

―─もったいない!

「もったいない、ですよね(笑い)」

―─再婚しないんですか?

「答えは単純、ご縁がないだけです」

―─そんな~、ご冗談を!

「寂しいもんですよ、仕事ばっかりしていたら。どういうところで会うんですか?」

―─えっ、撮影現場は美女だらけじゃないですか。

「仕事の場は仕事で戦争状態ですからね。仕事を離れたら、こもってるわけじゃないけど…自転車では触れ合いがないし(笑い)」

―─来年は、NHK大河ドラマ『真田丸』で徳川家康を演じます。「鳴くまで待とうほととぎす」ですか?

「話をいただいたとき、ぶったまげました。私に家康かよ、って。鳴くまで待つ発想がないし、鳴かぬならひねりつぶすんじゃないかな(笑い)」

―─仕事に限らず、これからの人生に思うところをお聞かせください。

「内面は情熱的な、熱い人間だと思うんですけど、それがストレートに出るのも気恥ずかしいんで、外づらはさらりとして内面はどろどろ、かな。演技でも“ゆるキャラ”が出せるような幅を出したいですけどね」

 この作品で娘を失って壊れていく男を演じ、その苦悩の姿がセクシーで、とくにうっすらと伸びたひげがたまらなく魅力的だった彼。で、会ってみたら、誠実に言葉を選んで、こちらの目を見つめながら笑顔を絶やさず、ゆっくりと話す姿に人間的な魅力を感じて。つい、理想の女性像を聞き忘れました。それはまた次の機会に。

撮影■矢口和也

※女性セブン2015年10月15日号

関連記事

トピックス