芸能

超人気子役・寺田心くん 憧れの人は「芦田愛菜お姉ちゃん」

ばい菌役で超人気の子役・寺田心くん

「悲しくなるほど清潔だね…」。TOTO『ネオレスト』のCMで、自動できれいになる便器を前に悲しそうにつぶやくばい菌“リトルベン”を熱演し、大注目なのが寺田心くん(7才)だ。

 このCM動画は再生回数が143万回超えの人気。『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)での即興劇では、今にも泣き出しそうなへの字口で「ごめんなさい」と言う姿に木村拓哉(42)が絶句。坂上忍(48)は生放送中に抱きかかえてロケ現場のお化け屋敷から撤退、中居正広(43)は思わず抱きしめ…と、そうそうたる面々をメロメロにしている。そんな大人気っぷりに心くんはどう思っているのか?

「人気はうれしいですけど、まだまだです。セリフを覚えるのも、役になりきるのも大変です。憧れの人は芦田愛菜(11才)お姉ちゃん。一度愛菜お姉ちゃんと共演したんですけど、演技もうまくてやさしくて…つまりなんて言うんですかね…すごいって思いました!」(心くん)

 言葉づかいはおませで大人顔負けだが、決して“天才”ではないという。

「ほかの子役の子に比べても、心は子供っぽい子です(笑い)。1回聞いてすぐできてしまうような器用なタイプじゃありませんし、いつもいっぱい練習して暗記して、それからカメラの前に立っています」(担当マネジャー)

 大好きなものは、お母さん、おばあちゃん、くまのぬいぐるみ、ペットのダックスフント。

「それとお母さんのオムライス! 卵がハート形とか動物形になってすごいんです! 大きくなったらシェフになって、お母さんにオムライス作ってあげようと思います!」(心くん)

撮影■藤本和典

※女性セブン2015年10月15日号

関連記事

トピックス

みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
堂安律
スペイン戦同点弾の堂安律 地元・尼崎の商店街で称賛続々も「やっぱり岡田阪神のほうが楽しみや」の声
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
新井恵理那アナ、佐久間みなみアナも参戦 W杯激戦の裏で女子アナ「自撮り応援合戦」
新井恵理那アナ、佐久間みなみアナも参戦 W杯激戦の裏で女子アナ「自撮り応援合戦」
NEWSポストセブン
街コンにも様々なタイプが…(イメージ)
既婚者だけが集まる「不倫街コン」 会場全体で「パートナーには内緒」の共犯関係が成立
週刊ポスト
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン
「田中碧選手のファンです!」と語る2人組
「“にわか”で初めてユニフォーム着た!」渋谷で田中碧ファンのほろ酔い女性が逆転弾に大興奮
NEWSポストセブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン