• TOP
  • 芸能
  • じゅんいちダビッドソン 売れない時代、半年間、倉庫暮らし

芸能

2015.11.15 07:00  NEWSポストセブン

じゅんいちダビッドソン 売れない時代、半年間、倉庫暮らし

売れない時代の苦労について語るじゅんいちダビッドソン

 金髪に白いスーツ、両腕に時計をつけるのも同じ。ACミランで日本代表FW本田圭佑選手のネタで人気のじゅんいちダビッドソン(40才)。今年で芸歴18年のじゅんいちは、16年間、芸人として売れない時代が続いたという。そのころの苦労話や、元サッカー日本代表のあの人との交友関係を語った。

――本田さんのネタでブレイクしましたが、それまでの16年間、ほぼ芸人としてのギャラはゼロだったそうですね。

じゅんいち:そうです。本田選手のネタをやる前の年なんて、年収8万円とか10万円くらいでした。バイトはずっとしていましたけど。

――16年間それが続いて、芸人を辞めようと思うことはありませんでしたか?

じゅんいち:最初の数年間なんて、みんなゼロなので。収入が少ないことよりも、世に出られていないことの方がきつかったですね。アルバイトでなんとか食べられたので。

――当時、心を支えてくれたものは?

じゅんいち:金銭面では、今の嫁が支えてくれましたけどね。周りに一緒にアルバイトしている芸人がいたので、刺激になるというか、環境は良かったと思います。仲間内で励まし合いながら。実際に「頑張ろうぜ」とは言わないですけどね。

 刺激になったのは、ぼくと仲が良かった人たちが、次々と世に出て行ったことですね。例えば、最初はサンドウィッチマンさんで、ナイツが出て、U字工事、Wコロンとか。仲が良かった周りの人間が順番に売れていったのは、支えになりましたね。次は俺がという気持ち。自分にできる目の前のネタ作りを、コツコツやっていったということですね。

―― 一番苦しかったことは?

関連記事

トピックス