• TOP
  • 芸能
  • 田原俊彦ライブレポ 古参ファン「ファミリー」と永遠の誓い

芸能

2015.11.15 07:00  NEWSポストセブン

田原俊彦ライブレポ 古参ファン「ファミリー」と永遠の誓い

田原俊彦は古参ファンのことを「ファミリー」と呼ぶ

「僕は歌うことと踊ることしかできないですから。皆がこうして来てくれるんで、36年ステージに立っていられる。皆がいなかったから、僕は終わりですから」

 歌手・田原俊彦(54)が、8月29日の東京・町田市民ホールから10月31日の滋賀・守山市民ホールまで全9公演のコンサートツアーを終えた。MCでは、ファンとの距離を少しでも縮めようと最前方に立ち、ステージからつま先をはみ出させて宙に浮かせながら、冒頭のように語りかけた。

 デビュー36年目となる今年のツアーは、『悲しみTOOヤング』『ピエロ』『君に薔薇薔薇…という感じ』『チャールストンにはまだ早い』『恋=DO』『原宿キッス』『哀愁でいと』を約13分間にわたるメドレーで魅せるなど豪華なセットリストだった。また、嵐のツアーへの参加歴もあるサックスの海野あゆみの加入もあって、音質にもこだわりを見せていた。

 今ツアーでは、男性ファンの姿が目立った。かつては9割5分以上女性ファンで占められていたが、会場によっては3割近い男性ファンが集まり、「トシちゃん会いたかったよ!」「トシちゃんカッコいい!」という野太い声がこだまし、最前列で田原の振り付けをマネしながら楽しむ観客もいた。

 10月16日の中野サンプラザでの公演では、「ゾッコン!」と叫んだ男性に対して、田原が『ZOKKON 命』(ゾッコン・ラブ=1983年発売、シブガキ隊のシングル曲)とポーズ付きで返し、会場の笑いを誘った。『教師びんびん物語』の頃から男性ファンが増えたといわれていたが、コンサート会場で頻繁に見掛けるようになったのは、最近3年くらいだという。芸能記者が話す。

「長かった不遇の時代を乗り越えた田原に、自分を重ねる男性が増えたからでしょう。そして、コンサートに行けば、昔と変わらない歌と踊りで魅せてくれる。自身に対する風向きが良かろうが悪かろうが関係なく、自分にできることを続けてきた姿が、田原のステージにはある。だから、同世代の男性の感動を呼ぶのでしょう」

 もちろん、デビュー以来36年間応援し続ける女性ファンも数多存在する。当時、10代だった彼女たちも、いまや40~50代になった。MCになると、田原は長年連れ添ったからこそ吐ける毒舌を交えつつ、ライブ開始からずっと立ちっぱなしの観客に対して、「座っていいよ」とさりげない優しさも見せていた。ファンの一人はこう話す。

「正直、ライブの2時間ずっと立っているのはキツい。でも、座るタイミングがわからないし、立っているしかないんです。だから、トシちゃんがそういってくれると、すごく助かるんですよね」

 バラードを歌う前に田原が「座っていいよ」と語りかけた後は、ファンはアップテンポな曲になると立ち上がり、バラードになると座るという循環ができあがった。

関連記事

トピックス