• TOP
  • 芸能
  • 所ジョージが語る遊びの極意「自分が面白ければ下手でもいい」

芸能

2015.12.13 07:00  週刊ポスト

所ジョージが語る遊びの極意「自分が面白ければ下手でもいい」

「世田谷ベース」にて遊びの極意について語ってくれた所ジョージ

 還暦を迎えてもやりたいことだらけの所ジョージ(60)。東京・世田谷の閑静な住宅街にひっそり佇む秘密基地、通称「世田谷ベース」が、所の仕事場兼遊び場だ。

 多彩な趣味を持つことで有名な所だが、その中でもやりたいことは次から次へと変わる。朝から晩まで戦車の模型を作っていたかと思えば、3か月後には自転車にハマり、注文した自転車が届く頃には新しいオートバイのことで頭がいっぱいになる。

「持続力がないから飽きちゃうの。自転車なんか毎日ワクワクして組み立ててたのに急に飽きちゃって、わざわざアメリカから買い集めたパーツも処分しちゃった。ゴルフだって、1週間前に約束したときはスンゴイやりたかったのに、当日には面倒くさくなってる」

 常に目の前にある“面白いこと”に全力投球。定年後に趣味が見つからずに苦労する人も多いが、どうすればこんなに次々と“楽しみ”を見つけられるのだろうか。

「うまくやろうとするから“自分には向いてない”とか“失敗したら恥ずかしい”と躊躇しちゃうんだけど、自分が面白ければ下手でもいいんだよ。料理なら、いきなり“今日の晩飯はオレに任せろ”と宣言して作っちゃう。それで“マズい”といわれて“ごめん”と頭下げる、それだけで面白いじゃん。そこにはドラマがあるんだよね。

 旅行も、効率よくスムーズに行くのが成功だと思ってる人が多くて“土産も並ばずに買えた”とか喜んでるけど、そんなのドラマがなくてつまんない。ただの散歩だって、急に雨に降られて、そのへんの軒先で“やまないよなー”と茫然とするだけでドラマがあるでしょ」

 一方で趣味は自分の楽しみのためだけではなく、家族のためになることを率先して行なうのも大事だと話す。

関連記事

トピックス