コラム

投資信託 ファンドラップ人気低下、インデックス型に資金流入

 投資信託市場では外国株式の低迷もあって日本株ファンド、それもインデックス型への注目が高まっているという。投信の最新動向について、楽天証券経済研究所ファンドアナリストの篠田尚子氏が解説する。

 * * *
 2015年の8月下旬に起きた「中国ショック」以降、金融市場は大きく乱高下したが、個人投資家の資産運用への意欲は衰えず、国内の投資信託市場には順調な資金流入が続いている。

 投資信託市場への流入額から流出額を差し引いた純流入額は、8月9194億円、9月7190億円、10月2978億円となり、2014年12月以降、11か月連続でプラスとなった。また、10月は金融市場も落ち着き、内外の主要な株式市場が値を戻したことで、投資信託市場の残高も大幅に増加。10月末の時点で、64兆5000億円と前月から3兆6000億円増加した。

 ただし、個別のファンドを見ると、激しい資金流出に見舞われているファンドもある。特に、残高を減らしているのが、高水準の分配金を出していた毎月分配型ファンドだ。高い分配金の源泉となっていた、新興国の株式や債券、REIT(不動産投資信託)での運用収益が、中国ショックによって大きく悪化したのだ。

 2015年に入って、新興国通貨は、不安定な動きを続け、中国ショックによって大きく下落した。同時に、新興国からの投資マネーの流出が本格化し、投資対象となっていた金融商品の価格が急落したことで、毎月分配型ファンドの基準価額は下がり、分配金の引き下げも相次いだのである。

 また、ここ1~2年ほど好調だった、ファンドラップの人気も離散してきた。ファンドラップとは、金融機関が、あらかじめ投資家の運用目的やリスク許容度を聞き、それに基づいて資産配分や金融商品の選択をし、購入までをおこなう金融サービスである。投資家にとっては、プロに資産運用を任せることで、運用に関わる手間を省けるというメリットがあるため、初めて資産運用をするといった層からの資金が流入していた。

 ただし、ファンドラップで実際に投資の対象となるのは、証券会社が提供する専用のファンド。投資環境が悪化したこともあるが、既存のファンドと比較しても目立った運用成績を挙げたものは少なく、結局手数料の分だけ不利になった、といったケースが多かった模様。ファンドラップの顧客層からの資金流入が一巡したことも、伸び悩みの要因となっている。

 代わって、投資家からの資金が流入しているのがインデックスファンドだ。インデックスファンドとは、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)といった指数に値動きが連動するファンドのこと。株式だけでなく、債券やREITの指数に連動するインデックスファンドもある。

 通常、金融市場が不安定なときは、インデックスファンドよりもアクティブファンドが選好される傾向がある。アクティブファンドは、運用スタイルにおいてインデックスファンドとは対照的で、運用を担当するファンドマネージャーが、状況に応じて投資対象を機動的に入れ替えることができるからだ。

関連キーワード

トピックス

スキンヘッドの渋谷容疑者(2006年に行われた会見)
《一夫多妻の白いハーレム》近隣住民が目撃した、元占い師の逮捕現場一部始終「有害物質が出ているから窓を閉めて!」
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
“妻”を侍らせる渋谷容疑者(『週刊ポスト』2006年2月10日号より)
《一夫多妻ハーレム生活の全貌》逮捕された元占い師(74)が過去に明かしていた「求めている女性がいれば、その女性と」
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れた女性(SNSより)
【迷惑行為動画】渋谷のZ世代はどう思うのか「刑事と民事ってナニ?」「少年法で守られる」の声 河野大臣の声は届かない
NEWSポストセブン
中学の体育祭では応援に熱中する小島
小島瑠璃子「卒アル」コメントが現実に 中国留学直前で両親に贈っていた「5000万円」の“置き土産”
NEWSポストセブン
名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン