コラム

広島カープが強い年に名目GDP成長率が高くなるのはなぜか

広島東洋カープの強さと名目GDPの関係は?

「身近なデータからみて、直近の日本経済は明るい」というのは、内閣府の「景気ウォッチャー調査研究会」委員など主要な景気調査の委員を歴任し「景気のジンクス」を読み解くスペシャリストとして知られる、三井住友アセットマネジメント理事・チーフエコノミストの宅森昭吉氏だ。2015年には「23年ぶり」「18年ぶり」というデータが続出したが、これが意味することは何か、宅森氏が解説する。

 * * *
 身近な事象からみた直近の日本経済は、かなり底堅く明るいという印象を持っている。というのも、さまざまな分野で「23年ぶり」「18年ぶり」というデータが続出しているからだ。

 このふたつの数字が意味するのは、不況期からの脱却である。まず23年前は、バブル崩壊直後の1992年だ。景気のピークは前年の1991年であり、その翌年から「平成不況」が本格化している。

 そして18年前というのは1997年、アジア通貨危機の年だ。日本でも北海道拓殖銀行や山一證券が破綻する金融危機となり企業の連鎖倒産も相次いだほか、翌年の急激な円高や、長銀、日債銀の破綻につながる長く本格的な不況のスタートとなった。

 2015年には、日本経済の転換点となったこれらの年以来の水準に回復したことを示すデータが、数多く出現している。

 たとえば、日経平均株価は2015年9月9日に前日比7.7%となる1343.43円上昇した。1日の値上がり幅としては1992年4月の1252.51円を抜き史上6番目の記録である。さらに、9月の日銀短観で景況感を示す大企業業況判断DIは、非製造業でプラス25と4四半期連続で改善した。この数値は23年ぶりとなる。

 雇用情勢を見ると、3か月連続の改善となった4月の完全失業率は3.3%と、1997年4月以来18年ぶりの低水準を示した。有効求人倍率も1.17倍と1992年3月以来23年ぶりの高水準となり、9月にこの記録をさらに更新している。

 雇用の限界的なデータといえる自殺者の数にも、同じ傾向がみてとれる。2015年の月次の自殺者数はすべて前年を下回っており、このペースなら1997年以来となる2万5000人割れは確実だ。1997年以前の自殺者数は10年以上2万前半台が続いていたが、1998年に3万人を超え、長く高止まりしていた。2015年になってようやく自殺者数が金融危機前のレベルに戻ったと考えられる。

関連キーワード

関連記事

トピックス

スキンヘッドの渋谷容疑者(2006年に行われた会見)
《一夫多妻の白いハーレム》近隣住民が目撃した、元占い師の逮捕現場一部始終「有害物質が出ているから窓を閉めて!」
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
“妻”を侍らせる渋谷容疑者(『週刊ポスト』2006年2月10日号より)
《一夫多妻ハーレム生活の全貌》逮捕された元占い師(74)が過去に明かしていた「求めている女性がいれば、その女性と」
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れた女性(SNSより)
【迷惑行為動画】渋谷のZ世代はどう思うのか「刑事と民事ってナニ?」「少年法で守られる」の声 河野大臣の声は届かない
NEWSポストセブン
中学の体育祭では応援に熱中する小島
小島瑠璃子「卒アル」コメントが現実に 中国留学直前で両親に贈っていた「5000万円」の“置き土産”
NEWSポストセブン
名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン