芸能

ドロンズ石本を支える南原清隆の言葉「求められたことをやる」

多くの先輩芸人に影響を受けたというドロンズ石本

 食レポに俳優にと、活動の幅を広げているドロンズ石本(42才)。『進め!電波少年』(日本テレビ系)のヒッチハイクの旅で注目を集めた彼が、最近、力を入れている舞台、心に刺さった大物芸人の言葉や、元相方との関係などについて語った。

――出演する舞台『現代狂言X』ですが、現代狂言ってどのようなものですか?

石本:今年2月の公演で、ちょうど10周年なんですけど。現代のコントを狂言風にやったり、狂言をパロディーにしたりするんです。今年は主にウッチャンナンチャンの南原(清隆)さんとぼくの2人でやらなきゃいけない演目なので、大変なんですよ。

お笑いと狂言に共通しているのは、“お笑い”だということ。600年前からずっとある演目を見て、今のかたも600年前の人も笑っていたわけですよね。そんな狂言の重みみたいなものが、40才すぎてようやくわかってきました。

――事務所の先輩でもある南原さんには日頃、どんなことを言われていますか?

石本:ぼくのデビューの一番最初、『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』の前説のときからずっと、ウンナンさんにはお世話になってます。「苦しいときほど、逃げずに向き合わなきゃ身につかないよ」とよく言われるんです。

 やらなきゃいけないことがあっても、今日は朝ご飯食べて、昼くらいからやろうかなとか、眠たいから明日の朝やろうかな、とか自分のリズムがあったりしますけど、そういう考えが頭をよぎった時にこそ行動したほうがいいと、昔から南原さんに言われています。

――20年くらい前からずっと?

石本:そうなんです。年齢差って変わらないので、40才過ぎてもピリッとする先輩ですね。20代30代ならいいんですけど、40代になってピリッとする先輩に会いたくないじゃないですか、正直(笑い)。でも、そういう存在がいるのは、ありがたいですね。

――前説をやっていた頃は、普通にお話しできる関係だったんですか?

関連記事

トピックス

デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
鮎川さんと陽子さん。談笑するふたり(2022年5月撮影)
「シーナ&ザ・ロケッツ」鮎川誠さん、最後のバースデーライブで見せていた元パリコレモデル娘との“ひととき”
NEWSポストセブン
頻繁な社長交代が経営にどう影響するか(フジテレビ本社)
《速報》伝説の番組『オールナイトフジ』が4月から32年ぶり復活へ 司会に内定した「売れっ子芸人」の名前
NEWSポストセブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン