• TOP
  • ビジネス
  • マイナス金利反対派は「銀行や証券会社の紐付き多い」の指摘

ビジネス

2016.02.10 11:00  週刊ポスト

マイナス金利反対派は「銀行や証券会社の紐付き多い」の指摘

 各界が衝撃を受けた日本銀行の「マイナス金利」を早くから予想していた高橋洋一氏(元内閣参事官)と長谷川幸洋氏(東京新聞論説副主幹)の2人が緊急対談。この政策の真意を読み解いた。

高橋:私は日銀がマイナス金利導入を発表した前の日に、出演したネット番組でプロとして予言していたんです。そうしたら私の発言をあちこちに発信して儲けたヤツもいた(笑い)。

 普通の人は国債の買いオペ増額だと考えていたはずですが、国債を買うためには、国債がなくてはならない。ところが2016年度の財務省の国債発行計画を見ると、市中から買い上げられる国債はほぼない。だからこういう場合にはオペの増額をしないで、日銀の当座預金の金利を下げるということになる。

長谷川:この当座預金というのは250兆円あって、それに利息が0.1%ついている。つまり銀行は日銀の当座預金に預けているだけで0.1%も利息がついているわけです。

高橋:正確に数字を言えば、日銀が銀行に2100億円(250兆円のうち210兆円に0.1%分)を“お小遣い”としてあげていて、その分、日銀の収入が減って、国への日銀納付金が減っているということでしょう。企業経営者にこの話をすると、だいたい怒ります。

長谷川:マイナス金利の話にマスコミはびっくり仰天だったけど、そのアイデアがあることは昔から皆、分かっていました。金融関係者がネガティブ・キャンペーンをやっていたからリスク論が広がっていただけで。エコノミストたちが「マイナス金利は金融機関の収益が落ちるリスクがある」と言っているけど、彼らはだいたい、銀行や証券会社の紐付きだから(笑い)。

高橋:金融機関との関係がもっと色濃く出ているのは、日銀の政策決定会合。マイナス金利の賛否は5人対4人だった。黒田総裁をはじめ、賛成した5人は金融以外の出身で、みな安倍(首相)さんが指名した人。残りの4人のうち3人は金融機関出身で、おまけにみな前の政権で任命した人です。

長谷川:そうそう。完全に利益誘導なんだよ。

関連記事

トピックス