• TOP
  • 芸能
  • 人気セクシー女優が確執乗り越え末期がんの父を看取るまで

芸能

2016.02.12 16:00  週刊ポスト

人気セクシー女優が確執乗り越え末期がんの父を看取るまで

家族の形も人それぞれ(河北ゆめTwitterより)

「娘がAV嬢」と知った父親のショックは、図り知れないものだろう。だがなかには親と和解し、父の死を看取ったAV嬢もいる。

『夫に隠れて接吻にハマる人妻たち 白昼の情事』など、数々のAVに出演している河北ゆめ(27)の取材に行くと、なんと隣に母親がいた。

「AVのことは、娘からカミングアウトしてきました。何をいっても聞きませんから、最近は『年がいったら使えなくなるから、昼間の仕事のことも考えなさいよ』とだけいってます」

 こう母親は笑う。だが、父親との関係は一筋縄ではいかなかった。本人がいう。

「父にはキャバクラの話まではしていて、AVのことも薄々気づいていたようですが、気が弱いので私に直接いってくることはなかった。でもお酒を飲むと『いつまでそんな仕事してるんだ!』って何度か殴り合いのケンカになったことがありました」

 そんな父親に大腸がんが見つかったのは、昨年5月のことだった。

「父があまりに『腰とお腹が痛い』というので病院に行くと、すでにステージ4の末期で余命1~2年とのことでした」

 父親が家に戻ってからは、河北も友人宅を泊まり歩くのをやめ、実家で家族と一緒に過ごした。しかし、今年1月に再び入院。それからはAVの仕事を休み、母親や姉と交代で看病にあたった。亡くなる1週間前には「いつかヴァージンロードを一緒に歩くんだ」という父の言葉を思い出し、安いウエディングドレスを買って、父に着て見せた。

「驚いていましたが、きれいだよ、といってくれた」

 そして1月23日、河北が1人で泊まり込んでいたときに、父は逝った。

「それまで父に感謝の言葉をいったことがなかったから、『今まで心配ばかりかけてごめんね。これからはお父さん、お母さんに心配かけないように頑張るね。ありがとう』と声をかけました。すると父が私の手を握り返してくれて。涙が止まりませんでした」

 河北のその言葉に安心したのか、父親はそのまま息を引き取った。

 ただしこれを機にAVから足を洗うかと思いきや、「AVの世界で有名になりたいという夢が諦められないので、またAVで頑張ってみます」とのこと。

※週刊ポスト2016年2月19日号

関連記事

トピックス