• TOP
  • 芸能
  • 高田純次に密着  『じゅん散歩』で見せる気遣いあふれる軽口

芸能

2016.02.15 11:00  週刊ポスト

高田純次に密着  『じゅん散歩』で見せる気遣いあふれる軽口

『じゅん散歩』収録中の高田純次に密着

「どうもぉ!」──集合時間の朝8時、高田純次(69)は東京・世田谷区の九品仏駅(東急大井町線)にやってきた。この日は『じゅん散歩』(テレビ朝日、月~金曜・9時55分~)のロケである。

 テレビでは「ハイテンションの適当男」を貫く高田だが、カメラの回っていないところでは「意外な素顔」が見られるのではないか。そう考えて取材を始めたわれわれの期待は大きく裏切られた。姿を現わした瞬間からすでに「いつもの高田純次」なのだ。

 まだ収録は始まっていないというのに、高田は道行く人々に声をかけ始めた。

「あら、お嬢ちゃん、ちょっと奇麗過ぎない? 高校生? そこで撮影を始めるんだけど、10分後に通ってくれない? キミが通ってくれると、番組が華やかになるんだけどなあ。え? 学校に行かなくちゃ? そうだよねぇ。そうだよ。じゃあね」

 この日のロケは、高田の自宅からほど近い自由が丘、尾山台などのエリアが中心だった。

「家が近いから、知り合いも多いんだよね。会ったら恥ずかしいな」

 とおどけつつも、高田は道行く人にすぐに話しかける。お世辞にも若いとはいえない60代くらいの女性2人組に「どこの女子大?」と声をかける。年齢を教えてくれない妙齢の女性には、「オレ、わかったから当てちゃうよ。20代から80代の中に入ってるでしょ?」とボケをかます。

 人妻に会えば「子作りするときは呼んでください」と笑いを誘い、「……って呼ぶわけないよな」とひとり突っ込み。2階のオフィスから手を振るOLたちにもきっちり気づいて手を振り返し、「キレイな子、多かったんじゃない?」と持ち上げることを忘れない。テレビ朝日の稲葉真希子プロデューサーがいう。

「高田さんは本当に気さくに、いろんな人に声をかけられるんですが、その数は私たちの想像以上でした。おかげでスタッフは一般の方々にテレビ出演の許諾を取るため、必死に走り回っています(笑い)」

 地井武男の『ちい散歩』、加山雄三の『若大将のゆうゆう散歩』に続き、4月で丸10年となる散歩シリーズを昨年9月に受け継いだ高田純次。

「散歩番組はたくさんあるが、笑えるものはそれほどない。そこを高田さんに期待して」(同総合ビジネス局・河野勝プロデューサー)のオファーだったが、その目論見はズバリ当たったようだ。

「朝番組だからね。どう色を出そうかと思って、番組プロデューサーに『オレからエロさを取ったら、知性しか残らないよ』と冗談をかましたら、『その知性を出してください』だって。それがなかなか出ないんだよねぇ」

 と高田は笑うが、番組にかける意気込みは強い。

関連記事

トピックス