• TOP
  • ライフ
  • ぴったりな服買う植松晃士「デブ止めるには自分に厳しく」

ライフ

2016.02.17 07:00  女性セブン

ぴったりな服買う植松晃士「デブ止めるには自分に厳しく」

 世の中のオバさんたちに健康かつ美しく生きていくために、ファッションプロデューサーの植松晃士さんがアドバイス。今回は、引き続きダイエットについて語ります。

 * * *
 皆さま、ご機嫌よう!

 先週、真面目にダイエットに取り組まない人は、「一生、“小太りキャラ”で通す覚悟を」と申し上げたところ、周囲から「厳しすぎ」と悲鳴があがりました。お気持ちは理解できます。ダイエットは切なく、文字通り「やせがまん」の連続ですものね。

 でも私自身も万年ダイエッターですから、よくわかるんです。優しいこと、甘いことを言われているうちは、やせられないということを。

 もちろん皆さんも、それなりに努力していると思いますよ。それでも、やせられない人は、絶対にどこかで人目を忍んで食べてるんですよ。そもそも、太るということは欲望がコントロールできないということ。

 3時のおやつはがまんしても、“夜中のおやつ”に手を出したら、負けなんです。前にも申し上げましたが、私は朝は野菜ジュース、昼はできるだけお蕎麦の生活を随分長く続けています。ジム通いだって、約10年。嫌々ですよ、無理矢理です。ジム通いなんて本当は大っ嫌いだけど、仕方ないから通っています。

 そして今年の私の目標は、ジムに通うだけでなく、ちゃんとトレーニングに励むこと。ジムのジャグジーを使って終了では、効果が上がりませんからね。「おかげさまでビールがおいしくて」って、それじゃやせられるはずがありません。

 私にとって、“太る”ことは“老ける”と同じ意味を持ちます。年齢を重ねると、顔のお肉は下垂して、頬だけコケるから、余計に体が丸く見えるんです。しかも垂れたお肉で首のしわは深くなるばかり。

 だから洋服はいつもあと1kgでも太ったら、もう着られないくらい、ジャストサイズを買うようにしています。ジャケットなんて、立っていれば前のボタンは留められますが、座ったら留まらない。これくらい、自分に対して厳しくないと、太ることは止められません。

 そこで提案です。まずゴムのウエストの服はやめませんか? そしてほんの少しでも体のラインが出る服を選びましょう。日に1度は自分の裸を、大きな鏡に映してみることも大切です。

関連記事

トピックス