• TOP
  • 芸能
  • 堂本剛が描いた奈良市母子手帳のイラスト50点は無償

芸能

2016.03.04 16:00  女性セブン

堂本剛が描いた奈良市母子手帳のイラスト50点は無償

 ファンだけでなく、たまたま雑誌を開いたママたちの間で話題になっているのが、堂本剛(36才)が育児・子育て雑誌『ひよこクラブ』で昨年12月からスタートさせた新連載だ。

 題して、「堂本剛の『僕が親になる日まで』」。言うまでもなく剛は独身で、子供もいない。それでも、《結婚や子育てはこれからだけど、育児についてもっと知りたい》《いつか僕に子どもができるまで(何十年後かも…!?)続けたい》と連載は始まった。とはいえ、「なんで『ひよこクラブ』に剛くん??」という声も多い。

「剛くんはアイドルという枠を超えて“独自路線”を走ってきました。2月末には、ジャニーズのライブとしては珍しく1000人ほどの会場で9日間のソロコンサートを行いましたが、それも持ち歌を歌うよりも、バンドメンバーとアドリブでセッションを繰り返すという異色のステージ。そんな剛くんの世界観に熱狂的なファンも多い」(スポーツ紙芸能担当記者)

 前出の連載では、《以前は「20才で子供を持って、若いお父さんとして参観日に行きたい!」なんて思っていましたが、あっという間に16年…》と無類の子供好きを告白。生後8か月の赤ちゃんとマラカスや積み木で遊んでみたり、ベビー服がかわいいから「プロデュースしたい」と言ってみたり、子供ができたら《育児休暇とらなきゃダメですね》と宣言してみたり…剛の“我が道”を行く魅力が伝わってくる。

 そんな子供好きの剛が、同じくらいの深い愛情を持っているのが、出身地である奈良のこと。この子供愛と奈良愛が剛を「いつか奈良で子育てを」という気持ちにさせ、2013年4月から奈良市で交付されている母子手帳には剛のイラストが使われている。市の担当者が言う。

「市の観光特別大使をされていた堂本さんに市長が直接オファーしたら、“奈良市の少子化解消に少しでも役に立てば”と快く引き受けてくださった。表紙のイラスト1カットだけを頼んだつもりが、約50カットも描いてくれました。しかも無償です」

 その母子手帳が出てからというもの、「欲しいからもう1人子供を産むことにした」というママや、「奈良に移住して子供を産みたい」という若い母親もいるとか。「堂本さんは台湾など海外でも人気なので、海外旅行で奈良にくるついでに母子手帳の写真を撮っていく外国人のファンのかたもいます」(前出・担当者)。

 気持ちの準備は整って、剛が母子手帳を手にする日も遠くない!?

※女性セブン2016年3月17日号

関連記事

トピックス